【アドリブギター マンネリを打破#3】横の動き

今回もアドリブのフレーズにマンネリを感じている方へ、
マンネリを打破するアイディアを紹介したいと思います。

シリーズ物の第3回目です。

これまでのレッスンをご覧になっていない場合は
こちらも合わせてどうぞ。

第1回 ストレッチ
第2回 和音

※続きものではないので、この回から取り組んでも大丈夫です。

さて、第3回目のテーマは”横の動き”

早速次の動画をご覧ください。

要点まとめ

 ・6→1弦のようにアルペジオのような動きを入れる
 ・横の動きと通常のフレーズを組み合わせてみる
 ・ブロック変更してバリエーションを増やす

スケールトーンを使ってアルペジオのように弾くことで、
一風変わったフレーズを作ることができます。

パターンが限られてしまうのが難点ですが、
そこはブロック移動してバリエーションを増やしてみてください。

また、連発させるようなフレーズではないので、
他のフレーズに構成的なアクセントを入れる意味合いで使うといいかもですね。

フレーズ例

実際のフレーズをいくつか紹介します。
※全てCマイナーペンタトニックで作成しています。

【ブロック単位でのフレーズ】

アドリブギター

Cマイナーペンタトニック最もシンプルに、このブロックを
6→1弦に向かって弾いていくパターンです。

この他にもいくつかパターンはできますので、
実際に弾いてニュアンスを確認してみてください。

【ポジション移動フレーズ】

マイナーペンタトニックスケール

Cマイナーペンタトニックさらにブロックを上昇させて
バリエーションを増やすパターンです。

次に弾きたいフレーズのブロック目掛けて
調整しながら移動するのもいいですね。

横の動きのフレーズ作成ポイント

このように、アルペジオのようなフレーズを入れることで
他のフレーズと差別化でき、雰囲気を変える効果があります。

ただ、どうしてもワンパターン、そして退屈になりがちなので
通常のフレーズをメインにしつつ、
ワンポイント的な使い方をするといいかもですね。

また、テクニック的にはスウィープ奏法を使って
速弾きフレーズにしても面白いと思います。

アドリブレッスン マンネリ打破シリーズ

アドリブのマンネリ打破シリーズ第3回はいかがだったでしょうか?

次は縦の動きを使ったパターンを紹介しますので、
ぜひ続けてチェックしてみてください。

第1回 ストレッチ
第2回 和音
第3回 横の動き
第4回 縦の動き

アドリブレッスン一覧へ
ギター動画講座 一覧へ

アドリブを弾くのは簡単!

「スケールポジションや使い方を覚えて、
フレーズもたくさんコピーして・・・」

このようにアドリブは難しく感じるかもしれませんが、
実は全くそんなことはありません。

コツやポイントを押さえて練習すれば、
誰でも簡単に弾けるようになるのです。

では、そのコツやポイントとは何か?
そして具体的にどのような練習をすればいいのか?

それを完全無料の動画レッスン、
さらにサポート付き
で紹介します。

あなたがアドリブに興味あるのでしたら
今すぐ下のフォームからお気軽にご登録ください。

苗字
メールアドレス

アドリブギター講座の詳細はこちら





関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. マディ・ウォーターズ

    【カントリーブルース】Why Don’t You Live So

    マディ・ウォーターズの Why Don't You Live Soの奏法解説です。 ボトルネ…

ピックアップ講座

  1. ギター初心者講座
    ギター初心者 基本講座 ギターを始めたけどなかなか弾けるようにならない。 それならこの練習法…
  2. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  3. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
ページ上部へ戻る