オルタネイティングベースのコードアレンジ法

オルタネイティングベースを使った
初歩的なアレンジ手法を紹介します。

オルタネイティングベースはコード主体の奏法なので、
コードを押さえた上でのアレンジが主流です。

それでは次の動画をご覧ください。

オルタネイティングベースのコードアレンジ法 タブ譜

クリックすると拡大表示されます。
オルタネイティングベース

コードにいくつか音を入れるだけで
簡単に雰囲気が変わりましたよね?

それでは、オルタネイティングベースのコードアレンジ法の
ポイントをまとめてみたいと思います。

オルタネイティングベースのコードアレンジ法 ポイント

 ・コードを押さえた状態で使えるスケールトーンを探す
 ・余った指でそのコードトーンを入れていく

以上2点です。

基本的なアレンジ手法なのでポイントもシンプルですね!

今回はKEY=Cでの例だったので、
Cのスリーコード+Cメジャースケールを使いました。

Cメジャースケール

ローコードなので、
その付近にあるメジャースケールのブロックですね。

もちろんKEYは自由に変更可能ですし、
ハイポジションを使うこともできます。

慣れてきたら1つのコードを
様々なフォーム、ヴォイシングに変化させて、
そのポジションに合わせたスケールトーンを入れたり・・・

また、冒頭でもお話ししたように
フィンガーピッキング以外でも同じアレンジが可能です。

アルペジオに装飾音を入れたり、
コードに+αの音を入れることもできますよね。

このように、シンプルな分、幅広く応用できるので
ぜひ色々試してみてください。

アドリブレッスン一覧へ
ギター動画講座 一覧へ

ブルースセッションマスターコース 30日集中講座

スケールも理論も全く知らない…

そんな生徒さんが30日後にライブハウスで
セッションデビューしました。

そのステップバイステップのレッスンプログラムを
さらにパワーアップさせた短期集中実践型アドリブギター講座!

詳細&無料受講のお申込みは下のボタンをクリック↓

ブルースセッションマスターコース

関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. ギターレッスン ストレイキャッツ

    ストレイキャッツ – Stray Cat Strut

    ストレイキャッツのStray Cat Strutを解説してみました。 出だしからソロ部分までの…

ピックアップ講座

  1. カントリーブルースギター講座
    ロバート・ジョンソン ギタースタイルレッスン ロバートジョンソンのギタースタイルを徹底解説!…
  2. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  3. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
ページ上部へ戻る