音を数字で捉える

スケールとコード
6弦8フレットの「C音」をルートとする「Cメジャー・スケール」を弾いてみたとします。

この行為は「C音」を「1」として「1・9・M3・4・5・6・M7」の7音、
つまり「C音」を「ド」として「ドレミファソラシド」を弾く、と言うことになりますね。

この時、弾いた音は「CDEFGAB」で言うと何になるか?を考えてみると、当り前ですが真ん中の図の通り

(ド)=1=C、(レ)=9=D、(ミ)=M3=E、(ファ)=4=F、(ソ)=5=G、(ラ)=6=A、(シ)=M7=B

つまり「CDEFGABC」となるわけですね。

しかし「ドレミファソラシド」が「CDEFGABC」となるのは、
これまた当り前ですが「キーがCの場合だけ」ですよね。

「C音をドとした場合」限定の話しになります。

では、「A音」をルートとした「Aメジャー・スケール」を
「CDEFGABC」で言うとどうなるか?を考えてみましょう。

一番下の図を見てください。

もう、面倒臭くて覚える気にならないです。

またまた当り前ですが、都合良く「ABCDEFGA」とはならないわけです。

これは「BとC」「EとF」が「半音間隔」で、
残りの「AとB」「CとD」「DとE」「FとG」は「全音間隔」だから、
こうなってしまうわけですね。

だから「メジャー・スケール」は「1・9・M3・4・5・6・M7」の7音、と
「数字」で覚えておけば良い
わけです。

「Aメジャー・スケールはA・B・Db・D・E・Gb・Ab。
Bメジャー・スケールの場合は・・・」

このように覚える必要はないのです。

余談ですが、世の中にはスケールを「数字」ではなく
「音と音の間隔」で捉えている人もいます。

例えばメジャー・スケールなら「1・9・M3・4・5・6・M7」を
「全・全・半・全・全・全・半」という具合に。

「音と音の間隔がどれだけ空いているか?」という視点を持つことは、
非常に重要だと思います。

この先、スケールの構成音を考える時、
例えばインギーが良く使うハーモニック・マイナー・スケールなら、
何の音をルートとしようが「1・9・m3・4・5・b6・M7」の7音、

このように覚えておけばいいのです。

図の左には、全指板図(22フレット分)を載せておきましたので、
まずは6弦と5弦の各フレットが「CDEFGABC」で言うと何の音か?を再確認しておいてください。

スケールでもコードでも「5弦のルート音」を「1」として考える場合が多いので、
5弦も絶対に覚えておく必要があります。

5弦の解放は「A音」だから簡単に割り出せますが、
頭で考えるのではなく「5弦10フレットはG」とか
「瞬間的に」答えを出せるようになっておく必要がありますね。

とりあえず6弦、5弦は必須ですが、
余裕のある人は4弦も覚えてしまうと後が楽になりますよ。

音楽理論講座 目次

ギタースケール解体新書 無料ダウンロード

ポジションを簡単に覚えて、
実践的に使いこなす方法をまとめました。

この知識を覚えてしまえば、
理論がわからなくても
すぐにダイアトニックスケールを弾きこなせます。

さらに、100本以上のレッスン動画も受講できます。

全て完全無料ですので、
お気軽に下のフォームからご登録ください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら



関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. ボトルネック奏法

    【ギターテクニック】ボトルネック奏法

    今回はブルースなどでよく使われる特殊奏法、 ボトルネック奏法の解説です。 ボトルネック奏法の…

ピックアップ講座

  1. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  2. ギター初心者講座
    ギター初心者 基本講座 ギターを始めたけどなかなか弾けるようにならない。 それならこの練習法…
  3. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
ページ上部へ戻る