ビートルズ Let It Be 歌モノのソロアプローチ

今回はビートルズのLet It Beを題材に
歌モノのソロアプローチ手法を紹介したいと思います。

それではどうぞ!

※デモ演奏の音量が小さくてすみません。

今回のレッスンの要点は

 1、歌モノの綺麗なメロディラインをギターでコピー
 2、1に少し変化を加える、または発展させてソロを組み立てる
 3、メインメロディを軸にしているので、スムーズな流れのソロができる

以上3点がポイントになります。

スケールの知識なども必要になってきますが、
アプローチの手法としてはとても有効なものだと思います。

綺麗な歌のメロディを崩さず、
スムーズにソロを入れることができますので
ぜひお好きな曲で実践してみてください。

ブルースセッションマスターコース 30日集中講座

スケールも理論も全く知らない…

そんな生徒さんが30日後にライブハウスで
セッションデビューしました。

そのステップバイステップのレッスンプログラムを
さらにパワーアップさせた短期集中実践型アドリブギター講座!

詳細&無料受講のお申込みは下のボタンをクリック↓

ブルースセッションマスターコース

関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. 【ブルースバッキング】ターンアラウンド

    ブルースバッキングの第4回目はブルース必須の定番パターン、 ターンアラウンドをいくつか紹介します。…

ピックアップ講座

  1. Crossroad Blues ロバートジョンソンの名曲、Crossroad Bluesの奏法…
  2. 短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
  3. ギター初心者 基本講座 ギターを始めたけどなかなか弾けるようにならない。 それならこの練習法…
ページ上部へ戻る