【ブルースバッキング】ブルースコード

ブルースバッキングの基本講座をお届けします。

第5回目はブルースバッキングを弾く上で欠かせない、
6&5弦ルートで良く使われるコードフォームを紹介します。

最低限これだけ覚えてしまえば
ブルースのコードバッキングは大丈夫です。

これまで紹介したパターンとコードを組み合わせても
カッコいいバッキングができます。

※これまで紹介したパターン

 1 ウォーキングベース
 2 単音リフ
 3 ブギーリフ
 4 ターンアラウンド

それでは次の動画をご覧ください。

ブルースコード タブ譜

クリックすると拡大表示されます。

ブルースコード

ブルースコード ポイント

では簡単にポイントをまとめてみましょう。

 ・Ⅰ Ⅳ Ⅴのルートの位置を完璧に把握する
 ・6弦&5弦ルートのフォームを覚える
 ・6弦&5弦の各フレットの音名を覚える
 ・リズムは曲の雰囲気を壊さなければ自由に

こんな感じです。

ブルース進行とⅠ/ Ⅳ / Ⅴの位置を把握し、
それにコードフォームのルートを合わせればOKです。

ブルース進行
ブルース進行

指板で見るルートの動きはこのようになっています。

ブルースバッキング6弦がルートになる動き

6弦5フレットがⅠ(A音)ですので、KEY=Aに対応した動きですね。
Ⅰ=A Ⅳ=D Ⅴ=Eとなります。

先ほどのタブ譜上段と照らし合わせてみてください。

ブルースバッキング
5弦がルートになる動き

5弦7フレットがⅠ(E音)ですので、KEY=Eに対応した動きですね。
Ⅰ=E Ⅳ=A Ⅴ=Bとなります。

これまで紹介したバッキングパターンを
組み合わせることもできるので、
たくさんのバリエーションが作れるようになると思います。

※これまで紹介したパターン

 1 ウォーキングベース
 2 単音リフ
 3 ブギーリフ
 4 ターンアラウンド

相手のアドリブを盛り上げられるような
臨機応変なバッキングを弾いていきましょう。

第6回ブルースバッキング コードバッキングの奏法バリエーションへ

あなたにもブルースセッションができるように!

スケールも理論も全く知らない・・・

そんな状態だった生徒さんが、
たった30日でライブハウスでブルースセッションデビューしました。

そのレッスンプログラムをさらに応用させ、
誰でも簡単に取り組めるように進化させました。

 ・カッコいいブルースバッキングをたくさん知りたい

 ・アドリブが弾けるようになりたい

 ・友達と気軽にセッションして遊びたい

 ・お店で知らない人とガンガンセッションしたい

そんなあなたにピッタリの内容になっています。

今すぐ下のボタンをクリックし、プログラムの詳細をチェック!

ブルースセッションマスターコース



関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. ギターレッスン オープンチューニングとスライド

    【ギターレッスン】オープンD&スライドに慣れる遊び

    今回はオープンチューニングとスライドに慣れる 遊びみたいなものを紹介したいと思います。 気軽…

ピックアップ講座

  1. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  2. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
  3. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
ページ上部へ戻る