【ブルースバッキング】ウォーキングベース

ブルースバッキングの基本講座をお届けします。

第1回目は最もブルースで良く使われる
汎用性抜群のバッキングパターン、
ウォーキング・ベースを紹介します。

パターンを覚えれば全コードに対応できるで、
頑張って練習していきましょう。

それではどうぞ!

ウォーキングベース タブ譜

ウォーキングベース

上段の開放弦がルートのパターン、
下段の5&6弦がルートのパターン。

この2つさえ覚えてしまえば全てのKEYに対応できます。

開放弦はE A Dコードの3つにのみ対応しています。

ブルースのウォーキングベースで使われるので
ほとんどがこの2つですので、一気に覚えてしまいましょう。

ウォーキングベースのポイント

 ・開放弦とパワーコード派生の2パターン
 ・6弦と5弦ルートのパターンは同じ
 ・シャッフルビートで弾く
 ・音をカットして歯切れよく弾く
 ・ブリッジミュートを掛けるパターンも

以上5点がブルースのウォーキングベースを弾く際のポイントです。

まずはフォームを覚えて、
全てのコードにすぐ対応できるようにしましょう。

ブルース進行は3コードで構成されているので、
各KEYの3コードの場所を把握するのが大切になります。

ブルース進行
ブルース進行

その次にニュアンスを意識して
奏法的な練習に取り組むと良いと思います。

指板で見るルートの動きはこのようになっています。

ブルースバッキング6弦がルートになる動き

6弦5フレットがⅠ(A音)ですので、KEY=Aに対応した動きですね。
Ⅰ=A Ⅳ=D Ⅴ=Eとなります。

先ほどのタブ譜上段と照らし合わせてみてください。

ブルースバッキング
5弦がルートになる動き

5弦7フレットがⅠ(E音)ですので、KEY=Eに対応した動きですね。
Ⅰ=E Ⅳ=A Ⅴ=Bとなります。

ブルースはコード進行がシンプルなこともあり、
パターンを覚えてしまえば、すぐに様々なKEYや曲に対応することができます。

つまり、

「どれくらいパターンを知っているか?」

これがブルースのバッキングをかっこ良く弾く
大きなポイントになります。

今回紹介したウォーキングベースは
その中でも一番使うパターンですので、必ず覚えてくださいね。

第2回ブルースバッキング 単音リフへ

あなたにもブルースセッションができるように!

スケールも理論も全く知らない・・・

そんな状態だった生徒さんが、
たった30日でライブハウスでブルースセッションデビューしました。

そのレッスンプログラムをさらに応用させ、
誰でも簡単に取り組めるように進化させました。

 ・カッコいいブルースバッキングをたくさん知りたい

 ・アドリブが弾けるようになりたい

 ・友達と気軽にセッションして遊びたい

 ・お店で知らない人とガンガンセッションしたい

そんなあなたにピッタリの内容になっています。

今すぐ下のボタンをクリックし、プログラムの詳細をチェック!

ブルースセッションマスターコース



関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. ギターレッスン コードストロークの基本

    ギター基本講座 コードストローク

    コードストロークで一定のリズムを保つ 基本をお話ししてみました。 かなり大事で基本中の基本で…

ピックアップ講座

  1. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  2. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  3. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
ページ上部へ戻る