カテゴリー:スケール講座

  • チャーチモード

    チャーチモードとスケールの違い

    図は「Cアイオニアンモード」を表したものです。 まず「モード」と「スケール」を混同している人が多いですが、 この2つには大きな違いがあります。 「モード」とは「曲の雰囲気全体のこと」 「曲のキ…
  • フリジアンドミナントスケールの構成

    フリジアンドミナントスケールの構成

    フリジアンスケールは「1・b9・m3・4・5・b6・m7」の7音構成のスケールで、ナチュラルマイナースケールの第2音を半音下げたスケール。 また、マイナーペンタトニックスケールに「b9」と「b6」を加えたスケー…
  • ドリアンスケール

    ドリアンスケール+♭5の構成

    ドリアンスケールに「b5」の音を付け足してみる。 つまり「1・9・m3・4・b5・5・6・m7」の8音のスケールとして弾くことを考えてみます。 というのも、「b5」はドリアンスケールと非常に相性が良いとさ…
  • ハンガリアンマイナースケール

    ハンガリアンマイナースケールの構成

    リディアンスケールの構成は「1・9・M3・b5・5・6・M7」 その第7音「M7」を半音下げ「m7」にしたスケールが「1・9・M3・b5・5・6・m7」のリディアンドミナントスケール。 さらにリディアンド…
  • ハンガリアンスケールの構成

    ハンガリアンスケールの構成

    リディアンドミナントスケールの構成音は「1・9・M3・b5・5・6・m7」で、リディアンスケールの第7音「M7」を半音下げ「m7」にしたスケール。 これを覚えたら、ついでにハンガリアンスケールも覚えてしまいまし…
  • ホールトーンスケール

    ホールトーンスケールの構成

    ホールトーンスケールは 「1・9・M3・b5・b6・m7」の6音構成です。 この構成からわかるように、ホールトーンスケールは 「全ての音が全音(1音)間隔」のスケールとなります。 ブルーの範囲は良く知…
  • リディアンドミナントスケール

    リディアンドミナントスケールの構成

    リディアンスケールの構成音は「1・9・M3・b5・5・6・M7」である。 ということを理解し覚えたら、ついでに「リディアンドミナントスケール」も知っておいて損はありません。 二つの図を比較すればおわかりのよう…
  • スパニッシュスケール

    スパニッシュスケールの構成

    フリジアンスケールは「1・b9・m3・4・5・b6・m7」の7音構成のスケール。 そこに「M3」を加えればスパニッシュスケールが完成します。 ということで、図でフリジアンスケールとスパニッシュスケールを同…
  • ディミニッシュスケール

    ディミニッシュスケールの構成

    ディミニッシュスケールの構成音は 「1・9・m3・4・b5・b6・6・M7」の8音。 図のように6弦から1弦に向かって「斜めに上がって行く」フィンガリングパターンが良く知られています。 もちろん、図のよ…
  • ロクリアンスケール

    ロクリアンスケールの構成

    ロクリアンスケールは「1・b9・m3・4・b5・b6・m7」の7音構成のスケールです。 「b9」「b5」「b6」と「b」が3つも付くのが特長ですね。 「メジャー・スケールの第7音(M7)をトニックとするス…

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. ミシシッピジョンハート

    Candy Man ギターレッスン

    カントリーブルースマン、ミシシッピジョンハートのCandy Manを 奏法解説してみました。 …

おすすめ講座

  1. カントリーブルースギター講座
    Crossroad Blues ロバートジョンソンの名曲、Crossroad Bluesの奏法…
  2. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  3. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
ページ上部へ戻る