ストレイキャッツ – Stray Cat Strut

ストレイキャッツのStray Cat Strutを解説してみました。

出だしからソロ部分までの解説になりますが、
カッコいいフレーズ満載ですのでコピーしてみてください。

それでは行ってみましょう!

ストレイキャッツ – Stray Cat Strut イントロ

タブ譜をクリックすると拡大表示されます。

ストレイキャッツ

マイナーペンタトニックKEY=Cmの曲で、Cマイナーペンタトニックから始まる
オシャレなフレーズから入ります。

タブ譜2段目からはバッキングに移行していますが、
最初2小節は各コードのベースを一発だけ弾きます。

拍の頭が休符が急ですので、
裏から入るリズムに気をつけましょう。

3~4小節はベース→コードという動きで、
音数を増やして徐々に盛り上がっていく変化がありますね。

5小節目からは高音弦を入れることによって、
3~4小節のパターンにバリエーションを付けています。

ここまで全て同じコード進行&コードフォームですが、
弾き方によって違いを付けている感じです。

ストレイキャッツ – Stray Cat Strut バッキング解説

タブ譜をクリックすると拡大表示されます。

ストレイ・キャッツ

コード進行はイントロと全く同じで、
2拍ずつ下がっていきます。

最初の1小節はスタッカート気味に、
音を短く切って歯切れ良く弾きましょう。

3~4小節は
 「6弦→ダウン 高音弦→アップ」
このように弾くとスムーズです。

2段目はルートが5弦に移りコードフォームが変わりますが、
ほとんど同じようなパターンです。

コード自体は難しい部分がありませんので、
スタッカートやリズムなどを意識して練習してみるといいでしょう。

ストレイキャッツ – Stray Cat Strut ソロ解説

タブ譜をクリックすると拡大表示されます。

ストレイキャッツ

とてもオシャレなフレーズが満載ですが、
ギター初心者の方にとっては
良いフィンガリング練習になると思います。

人差し指から小指までバランス良く使うことになりますし、
適度なポジション移動もあります。

最後の2小節は速くてピッキングも複雑になりますが、
ここは動画でもお話したように
エコノミーピッキングを使っています。

『ダウン→アップ→ダウン (弦移動) ダウン→アップ→ダウン』

このように、弦移動する時にダウンorアップを連続させるのが
エコノミーピッキングです。

慣れれば速いフレーズにも対応できて便利ですが、
慣れるまでが難しいテクニックですね。

ピックが弦に引っかからないように、
そして正確なリズムで弾けるように
メトロノームを使って重点的に練習してみてください。

このフレーズはエコノミーピッキングの中では
初歩的なものなので、良い練習になると思います。

Stray Cat Strut全編のタブ譜&奏法解説はこちら

トップページへ
名曲ギター奏法解説レッスン 目次へ

メルマガでは、HPなどには公開していない
初心者向けレッスンを全て動画付で20本以上お届けしています。

これまで1万人以上の人が登録し、
多くの人がぐんぐんギターを上達させています。

全て完全無料で読めますので、
下のフォームからお気軽にご登録ください。

苗字
メールアドレス

無料メルマガの詳細はこちら



関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. アドリブでのギターフレーズ使用法

    アドリブでのギターフレーズ使用法

    違うKEY・ブロックのフレーズを 繋げて弾く方法を紹介します。 たくさんのフレーズをコピーし…

ピックアップ講座

  1. カントリーブルースギター講座
    ロバート・ジョンソン ギタースタイルレッスン ロバートジョンソンのギタースタイルを徹底解説!…
  2. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
  3. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
ページ上部へ戻る