カントリーブルースで使われるチューニング

カントリーブルースでは様々なチューニングが使われます。

それを知っているか知らないかで
コピーする際に大きな差が出てきてしまいます。

チューニングが違えばいくら頑張っても
原曲通りには弾けないですからね。

そこで、カントリーブルースで良く使われる
チューニングを紹介してみたいと思います。

それではどうぞ!

ドロップDチューニングが使われている曲
Chump Man Blues
Statesboro Blues

Gチューニングが使われている曲
My Baby
Shake ‘Em On Down

オープンGチューニングが使われている曲
Crossroads Blues
Death Letter Blues

オープンDチューニングが使われている曲
Bye Bye I’m Going To See The King
Spoonful Blues

オープンDmチューニングが使われている曲
Devil Got My Woman
Aberdeen Mississippi Blues

あなたもカントリーブルースを弾いてみませんか?

今お聞きいただいた実演動画のような
カントリーブルースの独特なギタースタイル。

ステップバイステップの構成、
そして全て動画、タブ譜を使ったレッスンなので
初心者でも無理なく上達していけます。

全て完全無料で読めますので、
下のフォームからお気軽にご登録ください。

苗字
メールアドレス

無料メルマガ講座の詳細はこちら



関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. オープンDとGのコードフォームの違い

    今回は2大オープンチューニングのコードフォームの違いと 簡単な使いこなし方をご紹介します。 …

ピックアップ講座

  1. 中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  2. 短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
  3. 「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
ページ上部へ戻る