クリーム – Crossroads

クリームのCrossroadsを解説してみました。
エリッククラプトンの名演と言われている曲ですね。

今回はバッキング、メインソロのパートをお話しています。

メジャー&マイナーペンタトニックのスムーズな移行や、
ソロの構成、ロックフレーズなど参考になる部分が満載です。

それではどうぞ!

クリーム – Crossroads イントロ

クリックすると拡大表示されます。

クロスロード

シンプルなブルース進行になっています。

最後の3小節は短いフレーズになっていますが、
Aメジャー&マイナーペンタトニックが組み合わさった
クラプトンが多用するパターンです。

クロスロード

3弦6フレット(メジャー音)を少し混ぜることで
フレーズに変化を出しています。

クリーム – Crossroads バッキング

クリックすると拡大表示されます。

クロスロード

ブルースのウォーキングベース、
そしてイントロでも使用したリックを使っています。

KEY=Aのシンプルなブルースのパターンですね。

クリーム – Crossroads ソロ

クリックすると拡大表示されます。

クロスロード

メジャーペンタトニックスケール
Aメジャーペンタトニックから入り、
そのまま4小節続きます。

3小節目から一つ上のポジションに移動し、
4小節目に和音を混ぜていますね。

メジャーなのでソロの出だしが明るくて
キャッチーな雰囲気になっているのもポイントです。

マイナー・ペンタトニック・スケール
5小節から13小節までは
Aマイナーペンタトニックで弾き倒しています。

イントロのリックで解説しましたが、
3弦6フレットはAメジャーの音です。

これでワンコーラスが終わるのですが、
メジャーから入ってマイナーに移行。

全体的に音を詰め込むような流れになっています。

マイナー・ペンタトニック・スケール2コーラスの最初4小節は
このAマイナーペンタトニックです。

ロングトーンを使い、ワンコーラス目の流れを変えて
仕切り直しのような構成ですね。

マイナー・ペンタトニック・スケール5~8小節はAマイナーペンタトニックの
1つ上のブロックに移動しています。

チョーキングとロングトーンを使ったフレーズですね。

そして最後はAメジャーペンタトニックに移行して
そのままソロを締めています。

クリーム – Crossroads ポイント

エリック・クラプトンの名演、
Creamのクロスロードを解説してみました。

シンプルなブルース進行ですが、
印象的なリフや素晴らしい構成のソロなど、
勉強になる部分が満載の曲と言えるでしょう。

フレーズ単体でもそうですが、
メジャーとマイナーの切り替えや
音を詰め込んだりロングトーンで仕切り直したり・・・

長いソロでも飽きさせない構成になっています。

Crossroadsのメインソロのタブ譜とフレーズ分析はこちら

トップページへ
名曲ギター奏法解説レッスン 目次へ

あなたもブルースセッションができるように!

スケールも理論も全く知らない・・・

そんな状態だった生徒さんが、
たった30日でライブハウスでブルースセッションデビューしました。

そのレッスンプログラムをさらに応用させ、
誰でも簡単に取り組めるように進化させました。

 ・カッコいいブルースバッキングをたくさん知りたい

 ・アドリブが弾けるようになりたい

 ・友達と気軽にセッションして遊びたい

 ・お店で知らない人とガンガンセッションしたい

そんなあなたにピッタリの内容になっています。

今すぐ下のボタンをクリックし、プログラムの詳細をチェック!

ブルースセッションマスターコース

関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. ギターレッスン Tush

    ZZ Top – Tush

    ZZ TopのTushを解説してみました。 カッコいいリフと ボトルネック奏法でのギターソロ…

ピックアップ講座

  1. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
  2. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  3. カントリーブルースギター講座
    ロバート・ジョンソン ギタースタイルレッスン ロバートジョンソンのギタースタイルを徹底解説!…
ページ上部へ戻る