ブラック・クロウズ – Hard To Handle

ブラック・クロウズのHard To Handleを解説してみました。

今回はバッキングパートのレッスンになります。

ギター初心者の方でもコピーしがいのある曲ですので、
ぜひ挑戦してみてください。

また、このバッキングには複数のギターが重ねられています。

ツインギターなどの参考にもなると思うので、
その辺りも楽しんでもらえればと思います。

それではどうぞ!

ブラック・クロウズ – Hard To Handle タブ譜

クリックすると拡大表示されます。

ブラック・クロウズ

ブラック・クロウズ – Hard To Handle ポイント

今回紹介したバッキングパートは
ギター初心者さんにも最適の練習曲と言えます。

まずイントロは4本の指を全て使って弾くことになりますが、
短いフレーズですのでそれほど難しくありません。

タブ譜2段目はウォーキングベースと言われる、
ブルース/ロックで良く使われるパターンです。

ウォーキングベースとは?

小指のストレッチが大変ですが、これもまた良い練習になります。

小指が届かない場合は5弦9フレットを中指で押さえてしまい、
中指→小指とストレッチしてみてください。

指が広げやすくなるはずです!

タブ譜3~4段目パワーコードがメインとなっています。

同じフォームを維持したまま
ポジション移動するのがコツです。

ブラック・クロウズのHard To Handleは
ギターを始めて間もない方でも練習すれば短期間で弾ける曲です。

ぜひ挑戦してみてくださいね!

Hard To Handleのソロパート解説とタブ譜はこちら

トップページへ
名曲ギター奏法解説レッスン 目次へ

メルマガでは、HPなどには公開していない
初心者向けレッスンを全て動画付で20本以上お届けしています。

これまで1万人以上の人が登録し、
多くの人がぐんぐんギターを上達させています。

全て完全無料で読めますので、
下のフォームからお気軽にご登録ください。

苗字
メールアドレス

無料メルマガの詳細はこちら



関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. ギターレッスン Fコードの押さえ方

    ギター初心者でもラクラク押さえられるFコード

    様々なコードがありますが、 その中でもギター初心者が必ずと言っていいほどつまづく Fコードの押さ…

ピックアップ講座

  1. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  2. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
  3. カントリーブルースギター講座
    ロバート・ジョンソン ギタースタイルレッスン ロバートジョンソンのギタースタイルを徹底解説!…
ページ上部へ戻る