ディミニッシュスケールの構成

ディミニッシュスケール
ディミニッシュスケールの構成音は
「1・9・m3・4・b5・b6・6・M7」の8音

図のように6弦から1弦に向かって「斜めに上がって行く」フィンガリングパターンが良く知られています。

もちろん、図のように斜めに上がりたく無い人は普通に弾けば良いのですが、この「斜め上がり奏法?」はポジションを視覚的に捉えやすいので、多くの人がやっているわけですね。

このスケールの特徴は「全・半・全・半・全・半・全・半」の規則的な音の間隔になっていることです。

6弦から上がって行くと3弦から2弦へ移る時に2フレット分ずれることになり、4弦から3弦へ上がる時と違いが出てしまうのがポイントでしょうか。

ここが面倒ですね。

それよりも、ディミニッシュスケールはディミニッシュコードで使うから、ディミニッシュコードを知らないと話になりません。

図の「F」のキーで「Fdimコード」を作ってみましょう。

まず「5弦8フレットのF音」をルート音にします。

三度の音は「2弦9フレットのm3」ですね。

五度の音は「4弦9フレットのb5」。

これで「1度3度5度」の3音でコードの骨格ができました。

あとは「3弦7フレットの6」を加えます。

6弦と1弦はF音に対してはM7の音になりますよね。

M7はディミニッシュコードの構成音だから、
鳴っても間違いではないですが、
この場合は鳴らすと変な感じになるのでミュートしましょう。

このディミニッシュコードは「経過和音」として使われることが多いのですが、
例えば「E→E♯dim→Fm7」のように「E」と「F」の間に使われるわけです。

この場合なら「E♯dimコードに対してE♯dimスケールを使う」と言うことになります。

インギーが良くやる「ディミニッシュ・プレイ」と言うのは
ディミニッシュコードの構成音の中から「1→m3→b5→6→1」の4音だけを抜き出して、
この順番で「繰り返し」スウィープで弾くプレイのことです。

インギーは「Every note minor third interval!(全部の音が短三度の間隔)」と
奏法解説DVDの中で言っていますが、
これは「1とm3」「m3とb5」「b5と6」「6と1」が全て「1音半間隔」

つまり「3フレット間隔」になるということです。

弾いてみると「ドラマチックなクラシック風フレーズ」になるはずです。

インギーだけじゃなくて他のメタル系のギタリストも結構やってるので、
メタル野郎は知っておいた方が良いと思います。

スケール講座 目次

覚えたスケールを使いこなそう!

せっかくスケールを覚えても、
それを使いこなせなければ意味がありません。

そこで、より実践でスケールを活用する方法をまとめた
スケール解体新書というファイルを用意しました。

ファイルのダウンロードは無料です。

また、ダウンロードされた方にはメルマガが配信されますが、
毎回動画レッスンをお届けしていきます。

不要な場合はいつでも配信解除できますし、
もちろんこれらも全て無料です。

今すぐ下のフォームを埋めて
スケール解体新書と動画レッスンをお楽しみください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら



関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. Tush

    ZZ Top – Tush

    ZZ TopのTushを解説してみました。 カッコいいリフとボトルネックでのソロを堪能ください…

ピックアップ講座

  1. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  2. カントリーブルースギター講座
    Crossroad Blues ロバートジョンソンの名曲、Crossroad Bluesの奏法…
  3. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
ページ上部へ戻る