ドリアンスケール+♭5の構成

ドリアンスケール+♭5
ドリアンスケールに「b5」の音を付け足してみる。

つまり「1・9・m3・4・b5・5・6・m7」の8音のスケールとして弾くことを考えてみます。

というのも、「b5」はドリアンスケールと非常に相性が良いとされているんですね。

図は6弦5フレットの「A音」をルートとする「Aドリアンスケール」の基本ポジションに、
●の「b5」の位置を付け足したものです。

図を見て「ほとんどブルーススケールと同じじゃねえか!」と思った人は鋭い!

この図に、更に「M3」を付け足せば「ブルーススケール」になってしまうのです。

つまり、あなたがブルーススケールでアドリブしている時、
無意識のうちにこの「ドリアンスケール+b5」を弾いていたかもしれないということです。

実際のプレイに関して。

まず5弦6フレットの「b5」は「4」から「5」へ上がる途中に「4→b5→5」と、
あるいは「5」から「4」へ下がる途中に「5→b5→4」と
クロマチックで弾いてみましょう。

この時「b5」を経過音として使うわけです。

次は3弦8フレットの「b5」について。

もちろん2弦4フレットにも「b5」はありますが、
3弦の場合は「4」を半音チョーキングで「b5」にするという方法があります。

しかし、その時「b5」を長く延ばすのには注意が必要。

落ち着かない感じ、と言うか外れた感じになってしまいます。

その点「4→b5→5」と弾く時は「b5」の後に直ぐ「5」が鳴るわけで、
こういう心配をする必要が無いので「b5の安全な使い方」と言えます。

もう一度、図をご覧ください。

まずマイナーペンタトニックスケールのの5音を黄色く塗る。

そこへドリアンスケールにあってマイナーペンタトニックスケールには無い
「9」と「6」をピンク色に塗る。

これで「1・9・m3・4・5・6・m7」のドリアンスケールの完成ですね。

このように図を作ったわけですが、
この手順は実際のプレイにも当てはまります。

マイナーペンタトニックスケールでプレイしつつも、
フレーズのところどころに「9」と「6」を散りばめて
ドリアンスケールに変化させる。

こんな感じですね。

ただ、「6」はドリアンの特徴音ですので、
経過音の流れでサラッと弾くだけでは
ドリアンスケールの雰囲気が薄れてしまうのでご注意を!

スケール講座 目次

覚えたスケールを使いこなそう!

せっかくスケールを覚えても、
それを使いこなせなければ意味がありません。

そこで、より実践でスケールを活用する方法をまとめた
スケール解体新書というファイルを用意しました。

ファイルのダウンロードは無料です。

また、ダウンロードされた方にはメルマガが配信されますが、
毎回動画レッスンをお届けしていきます。

不要な場合はいつでも配信解除できますし、
もちろんこれらも全て無料です。

今すぐ下のフォームを埋めて
スケール解体新書と動画レッスンをお楽しみください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら



関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. ブルースバッキング

    【ブルースバッキング】コードフォーム

    ブルースバッキングの基本講座をお届けします。 第5回目はブルースバッキングを弾く上で欠かせない…

ピックアップ講座

  1. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  2. カントリーブルースギター講座
    Crossroad Blues ロバートジョンソンの名曲、Crossroad Bluesの奏法…
  3. ギター初心者講座
    ギター初心者 基本講座 ギターを始めたけどなかなか弾けるようにならない。 それならこの練習法…
ページ上部へ戻る