【カントリーブルースギター】モノトニックベースを弾いてみよう!

カントリーブルースでは定番の基本スタイル、
モノトニックベースを解説します。

オルタネイティングベースと並び、
今回紹介するモノトニックベースも
カントリーブルースでは欠かせない演奏スタイルになります。

泥臭いブルージーな雰囲気が出るので、
ぜひ挑戦してみてください。

それではどうぞ!

モノトニックベースのポイント

 ・親指でベースを刻む
 ・ベースのリズムは常に4分音符の一定
 ・メロディやソロを残りの指で弾く

以上がモノトニックベースの奏法スタイルになります。

4分音符を一定で刻むところが難しいですが、
弦移動はありません。

ですので、オルタネイティングベースに比べると
難易度はグッと低く感じると思います。

モノトニックベースは5&6弦が開放弦で使える
KEY=AやEで使われることが多いです。

開放弦でべースを刻める=左手がフリーになり、
その分単音でのソロやリックを入れやすくなりますからね。

(ライトニンホプキンスがまさにこのスタイルです)

モノトニックベースでアドリブギターを楽しもう

6弦開放弦(E)をモノトニックで刻んで
Eマイナーペンタトニックでアドリブを弾くと
1人でもアドリブを楽しむことができます。

その辺りをもう少し詳しく解説したレッスン動画がこちら

モノトニックベース デモ演奏のタブ譜

レッスン動画に出てきたデモ演奏のタブ譜です。
(クリックすると拡大表示されます)

モノトニックベース

2小節区切りになっていますが、
どちらもEマイナーペンタトニックですので
4小節続けて弾いても大丈夫です。

※フィンガーピッキング用のタブ譜表記になっています。

音符の棒が下向きのものは親指で、
上向きのものはそれ以外の指で弾きましょう。

使用スケールについて

今回のデモ演奏はベースをE(6弦開放弦)、
高音部分をEマイナーペンタトニックで弾いています。

Eマイナーペンタトニックスケール

レッスン動画内でも触れましたが、
モノトニックベースのスタイルでは

 ・ベース(6~4弦)=親指
 ・メロディ(3~1弦)=親指以外

このように担当するのが一般的です。

つまり、親指はそのコードのベースを弾くわけですので、
スケールとして弾くのは青枠で囲った3~1弦のみになります。

スケールを覚えるのが大変な方でも、
6音だけ頑張って覚えてしまえばアドリブを弾くことができます。

慣れてきたら違うブロックやスケールを試してみたり、
コードを織り交ぜてみると
さらにバリエーションが増えますよ。

あなたもカントリーブルースを弾いてみませんか?

今回のモノトニックベースを含め、
カントリーブルースの独特なギタースタイル。

ステップバイステップの構成、
そして全て動画、タブ譜を使ったレッスンなので
初心者でも無理なく身に付けることができます。

全て完全無料で読めますので、
下のフォームからお気軽にご登録ください。

苗字
メールアドレス

無料メルマガ講座の詳細はこちら



関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. マディ・ウォーターズ

    【カントリーブルース】Why Don’t You Live So

    マディ・ウォーターズの Why Don't You Live Soの奏法解説です。 ボトルネ…

ピックアップ講座

  1. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  2. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  3. カントリーブルースギター講座
    ロバート・ジョンソン ギタースタイルレッスン ロバートジョンソンのギタースタイルを徹底解説!…
ページ上部へ戻る