ギター初心者が忘れがちな基本、ミュートについて

ギターの基本である
単音でのミュート方法について解説します。

ミュートというのはいくつか意味があるのですが、
ここでは「雑音が出ないように弾かない弦の音を消す」という意味になります。

間違って隣の弦にピックが当たってしまっても、
ミュートしていれば雑音が出なくなるわけですね。

ミュートが出来ないと音がぐちゃぐちゃになり、
出したくない音まで出てしまいますので
しっかりと毎回ミュートするようにしましょう。

やり方は下の動画をご覧ください。

ミュートのポイント

 ・弾かない弦は左手の指の腹部分で軽く触れる
 ・低音弦側は右手の側面付近で触れる
 ・慣れるまでは難しいが、無意識でこの状態が作れるように練習する

この3つがポイントになります。

右手と左手の両方を使って、
鳴らさない弦に軽く触れる感じですね。

最初はかなり違和感があって大変かもしれませんが、
この「ミュート」はとても大切な基本になります。

慣れるまで、常に意識して弾くのは煩わしいと思うので
クロマチックなどのエクササイズに取り組む際に
一緒に練習するといいかもですね。

クロマチックエクササイズとは?

ミュートの補足

アコースティックギターや、
アンプを通さないエレキギターだと雑音が目立ちません。

しっかりミュートできるか確認するには、
エレキギターをアンプに通して
少し歪ませてみるといいでしょう。

※アンプのゲインを上げたり、エフェクターを使うと歪みます。

歪みを加えると雑音の非常に目立つので、
ミュート出来ているかどうかがすぐにわかります。

弾くことに夢中になってしまう場合は
さらに録音してみるといいかもですね!

逆に、アコースティックギターの場合は
歪ませる場面がほとんどないので、
ミュートが出来ていなくても目立たないと言えます。

とは言え、とても大切な基本なので
しっかりと身に付けていってくださいね。

ギター初心者レッスン 目次へ
ギター動画講座 一覧へ

マイペースで取り組んでも3ヶ月で初心者ギタリストから卒業!

”弾けない理由”は人それぞれ違います。

 ・手が小さいから押さえられない
 ・練習する時間が取れないから全然上達しない
 ・コードを覚えてもどこで使えるかわからないからやる気が出ない

などなど・・・

せっかくギター・音楽という素晴らしい趣味に興味を持ったのに
つまらないことで挫折するのはもったいない。

ギターは正しい練習をすれば誰にでも必ず弾けるようになるのです。

そこで、要望や質問などを受け付け、
それらに随時お答えするプログラムを用意しました。

巷の教則はあなたのためではなく、一般大衆向けに作られたものです。

弾けなくても何が悪いのかわからず、
質問するすべもないから悶々として結局挫折する人がほとんど。。

僕の講座ではそんな挫折受講者を作りません。

教則DVDで挫折し、ギターをヤメようか悩んでいる人にもオススメです。

この講座は完全無料です。

無料ですが個別サポートもあるので、
あなたに適したギター練習で
基本をしっかりと身に付けることができます。

ステップバイステップの構成、
そして全て動画、タブ譜を使ったレッスン、
誰でも知っている名曲の課題曲で初心者を卒業しましょう。

全て無料で受講できますので、
下のフォームからお気軽にご登録ください。

苗字
メールアドレス

無料メルマガの詳細はこちら



関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. ギターレッスン ストレイキャッツ

    ストレイキャッツ – Stray Cat Strut

    ストレイキャッツのStray Cat Strutを解説してみました。 出だしからソロ部分までの…

ピックアップ講座

  1. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  2. ギター初心者講座
    ギター初心者 基本講座 ギターを始めたけどなかなか弾けるようにならない。 それならこの練習法…
  3. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
ページ上部へ戻る