ギター初心者が悩むピックの持ち方、選び方を徹底解説

今回はピックの持ち方、選び方についてお話しします。

正直、ピックの持ち方は人それぞれで
正解、不正解というものがありません。

※絶対にオススメできないものもありますが・・・

自分の持ちやすい、弾きやすいように
ピックを持てば良いわけですが、
一つの参考題材としてご覧いただければと思います。

それではどうぞ!

いかがだったでしょうか?

ポイントはいくつかありましたが、

”手の力を抜いて、リラックスした状態でピックを持つ”

という部分は絶対に外せないポイントになります。

力んでしまうとアタックが強くて
音の粒が揃わなかったり、
何よりすぐに疲れてしまいますからね。

その他のポイントは人それぞれの部分が大きいので、
試してみて持ちにくかったら無理に真似することはありません。

自分の持ちやすいフォームを
試行錯誤して見つけ出してくださいね。

ピックの種類

ピックには硬さや大きさ、厚さなど含め
様々な種類があります。

代表的なものを紹介しますので、
どんなピックを選んでいいか迷っている場合は
参考にしてみてください。

ピック ティアドロップ ティアドロップ型

最も多くのギタリストが使用している型。
弦への引っ掛かりが少なく、単音弾きに適している。

ピック トライアングル トライアングル型(おにぎり型)

大きくて持ちやすいのが特徴の型。
コードストロークのようなスタイルの方に人気。

ジャズピック ジャズ型

ティアドロップをさらにシャープに、そして小さくした型。
速弾きなどを多用するハードロック系ギタリストに愛用者が多い。

サムピック サムピック

上記3つとは違い、指弾き時に親指に付けるピック。
輪郭がハッキリとして、シャープな音が出るのが特徴。

フィンガーピック フィンガーピック

指弾き時に親指以外の指に付けるピック。
サムピック同様、輪郭がハッキリとしたシャープな音が出るのが特徴。

ピックの厚さ・素材

ピックの代表的な種類を5つ紹介しましたが、
種類は同じでも厚さ、素材などは様々です。

厚さに関しては、

Thin=約0.5mm
Midium=約0.7mm
Hard(Heavy)=約1mm

など、ある程度細かく分かれています。

素材に関しても、
「ナイロン」「セルロイド」「メタル」「ポリアセタール」などなど、様々です。

同じティアドロップ型でも、
「Thinのセルロイド」と「Hardのメタル」では全く弾き心地が違ってきます。

ピックの持ち方・選び方 まとめ

ピックの持ち方、種類などを紹介してきましたが、
一番大切なのは自分に適したピックの持ち方、種類を選ぶことです。

「自分に適した=自分が弾きやすい」

こう考えてOKです。

何が自分に適しているかを把握するには、
様々なピックを試してみるしかありません。

ピックは1枚100円以下で買えるので、

 ・ティアドロップ×3種類の厚さ
 ・トライアングル×3種類の厚さ
 ・ジャズ×3種類の厚さ

まずはこの9枚を購入して、試してみましょう。

その中から自分に一番合うものが見つかったら
次はその型、厚さで様々なメイカー・素材のものを試して
さらに自分に合うものを探していくのがオススメです。

ちなみに僕は10年以上、同じピックを使い続けていますが
このピックにたどり着くまでに何百枚もの種類を試してきました。

ピックは直接弦を弾く、とても大切な要素なので
ぜひあなたのお気に入りの1枚を探し出してくださいね。

補足 ピックはいつ替える?

ピックは消耗品なので、いつか替える時期がきます。

「ではその時期はいつなのか?」というと
明確な正解はありません。

毎日どのくらい弾くのかにもよるし、
どれくらい消耗しやすいピックなのかにもよります。

毎日何時間も練習する人が削れやすいピックを使っていると、
1週間もしないウチにボロボロになったりもします。

※削れやすいピック=悪いという意味ではありません。

僕の場合、新品のピックは馴染まないので
ライブでは必ず使い込んだピックを使っています。

新品で滑りが良くて弾きやすいから、
ライブでは必ず新品を使うという人もいます。

結局、自分が弾きにくくなった時が替え時ということですね。

それが一ヶ月の人もいれば、
1週間の人もいるということです。

ギター初心者レッスン 目次へ
ギター動画講座 一覧へ

マイペースで取り組んでも3ヶ月で初心者ギタリストから卒業!

”弾けない理由”は人それぞれ違います。

 ・手が小さいから押さえられない
 ・練習する時間が取れないから全然上達しない
 ・コードを覚えてもどこで使えるかわからないからやる気が出ない

などなど・・・

せっかくギター・音楽という素晴らしい趣味に興味を持ったのに
つまらないことで挫折するのはもったいない。

ギターは正しい練習をすれば誰にでも必ず弾けるようになるのです。

そこで、要望や質問などを受け付け、
それらに随時お答えするプログラムを用意しました。

巷の教則はあなたのためではなく、一般大衆向けに作られたものです。

弾けなくても何が悪いのかわからず、
質問するすべもないから悶々として結局挫折する人がほとんど。。

僕の講座ではそんな挫折受講者を作りません。

教則DVDで挫折し、ギターをヤメようか悩んでいる人にもオススメです。

この講座は完全無料です。

無料ですが個別サポートもあるので、
あなたに適したギター練習で
基本をしっかりと身に付けることができます。

ステップバイステップの構成、
そして全て動画、タブ譜を使ったレッスン、
誰でも知っている名曲の課題曲で初心者を卒業しましょう。

全て無料で受講できますので、
下のフォームからお気軽にご登録ください。

苗字
メールアドレス

無料メルマガの詳細はこちら



関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. ギター選び

    ギター初心者のためのギター選びのポイント紹介

    今回はこれからギターを始めたい方、 まだギター初心者だけで2本目を探したいという方へ、 ギター選…

ピックアップ講座

  1. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  2. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  3. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
ページ上部へ戻る