ブラインドボーイフラー – Step It Up And Go

ブラインドボーイフラーの
Step It Up And Goを弾いてみました。

使用機材は

 Gt:ギブソン LG-1(1966年製)
 Amp:Vox AGA70
 Preamp:LR Baggs Para Acoustic DI

【歌詞】

Got a little girl, She’s little and low
She used to love me but she don’t no more
She gotta step it up and go, yeah, go
Can’t stand pat, swear you gotta step it up and go

Got a little girl, she stays upstairs
Make a livin’ by puttin’ on airs
Gotta step it up and go-yeah, man
Can’t stand pat, swear you gotta step it up and go

Front door shut, back door too
Blinds pulled down, what’ cha gonna do?
Gotta step it up and go-yeah, go
Can’t stand pat, swear you gotta step it up and go

Got a little girl, her name is Ball
Give a little bit, she took it all
I said step it up and go-yeah, man
Can’t stand pat, swear you gotta step it up and go

Me an’ my baby walkin’ down the street
Tellin’ everybody ‘bout the chief of police
Gotta step it up and go-yeah, go
Can’t stand pat, swear you gotta step it up and go

Tell my woman I’ll see her at home
Ain’t no lovin’ since she been gone
Gotta step it up and go-yeah, go
Can’t stand pat, swear you gotta step it up and go

Well, I’ll sing this verse, ain’t gonna sing no more
Hear my gal call me and I got to go
Step it up and go-yeah, man
Can’t stand pat, swear you gotta step it up and go

ギター実演動画集 一覧へ
ギター動画講座 一覧へ

あなたもカントリーブルースを弾いてみませんか?

今お聞きいただいた実演動画のような
カントリーブルースの独特なギタースタイル。

無料講座を用意しているので、あなたも弾いてみませんか?

 ・カントリーブルースの指弾きスタイルの基礎

 ・エリッククラプトンもカバーした名曲、
  Hey Heyの完コピレッスン

 ・ローリングストーンズで有名になった
  カントリーブルースのスタンダード、Love In Vainの完コピレッスン

などなど、全て動画(タブ譜付き)で解説します。

受講は完全無料ですので、
興味があれば気軽にご挑戦ください。

3週間後にはギター1本で全て再現できる
渋いブルースが弾けるようになっていますよ。

今すぐ下のフォームから無料登録!

苗字
メールアドレス

無料メルマガ講座の詳細はこちら



関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. チョッピング

    チョッピングの弾き方

    今回はチョッピングについてお話ししてみました。 メルマガ読者さんから質問を頂いたのですが、 …

ピックアップ講座

  1. ギター初心者講座
    ギター初心者 基本講座 ギターを始めたけどなかなか弾けるようにならない。 それならこの練習法…
  2. カントリーブルースギター講座
    Crossroad Blues ロバートジョンソンの名曲、Crossroad Bluesの奏法…
  3. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
ページ上部へ戻る