【アドリブギターレッスン】音を限定する

「スケールって何?」というくらいのアドリブギター初心者の方に、
とにかくアドリブの楽しさを体感してもらう。

そんなアドリブ初心者向けレッスンの第1回目です。

スケールとかコード理論みたいな難しいことはさておき、
まずはアドリブを弾いてみましょう!

それではどうぞ!

レッスン動画内で出てきたブルース進行とは?

ブルースのコード進行(KEY=A)
ブルース進行

上記の表がブルース進行になります。

「ブルースやろうか!」なんて会話がアドリブ仲間では良くありますが、
その場合はこのバッキング(コード進行)です。

今回はKEY=Aですが、
A7=Ⅰ D7=Ⅳ E7=Ⅴと置き換えてください。

つまり、12小節をワンセット(ワンコーラス)として、
「1度・4度・5度」の3種類のコードが出てきます。

「1度って何?」という場合は、こちらの記事をご覧ください。

度数を指板から把握する
音程について

レッスン動画内で弾いたソロのタブ譜と解説

ブルースアドリブソロ

Aマイナーペンタトニックスケール
ペンタトニックスケール

たった数音でもアドリブは充分弾けますので、
最初は難しく考えず

「任意のスケールから弾きやすい音を数音選ぶ」

というところから始めてみてください。

たった4音だとフレーズに幅は出来ませんが、

 ・休符
 ・伸ばす
 ・連符

などの譜割の変化はもちろん、

 ・チョーキング
 ・スライド
 ・ダブルストップ
 ・ハンマリング&プリング

などのテクニックで変化を付けることもできます。

この辺りは先ほどの実演レッスンでも
やってましたよね?

意外と工夫することはできるものですので、
難しく考えずに遊びながら試行錯誤してみてください。

慣れてきたら徐々に音を増やしていき、
最終的には1ブロック全部まで広げていくのを目標にしてはいかがでしょうか?

バッキングについて

今回はブルース進行をバックにしていますが、
バッキングは特に指定ありません。

今回はAマイナーペンタトニックの実演なので、
同じようにやりたい場合はAm一発でも大丈夫です。

Aのパワーコードでロック調にしてもいいですね!

その辺りも難しく考えず、
まずはアドリブを楽しむことを優先しましょう。

アドリブレッスン一覧へ
ギター動画講座 一覧へ

アドリブを弾くのは簡単!

「スケールポジションや使い方を覚えて、
フレーズもたくさんコピーして・・・」

このようにアドリブは難しく感じるかもしれませんが、
実は全くそんなことはありません。

コツやポイントを押さえて練習すれば、
誰でも簡単に弾けるようになるのです。

では、そのコツやポイントとは何か?
そして具体的にどのような練習をすればいいのか?

それを完全無料の動画レッスン、
さらにサポート付き
で紹介します。

あなたがアドリブに興味あるのでしたら
今すぐ下のフォームからお気軽にご登録ください。

苗字
メールアドレス

アドリブギター講座の詳細はこちら





関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. パッシングディミニッシュコード

    パッシングディミニッシュコード

    「コードが移り変わる時に使われる ”隠れコード”みたいなパターンを教えてください」 このよう…

ピックアップ講座

  1. カントリーブルースギター講座
    ロバート・ジョンソン ギタースタイルレッスン ロバートジョンソンのギタースタイルを徹底解説!…
  2. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  3. ギター初心者講座
    ギター初心者 基本講座 ギターを始めたけどなかなか弾けるようにならない。 それならこの練習法…
ページ上部へ戻る