フリジアンドミナントスケールの構成

フリジアンドミナントスケール
フリジアンスケールは「1・b9・m3・4・5・b6・m7」の7音構成のスケールで、ナチュラルマイナースケールの第2音を半音下げたスケール。

また、マイナーペンタトニックスケールに「b9」と「b6」を加えたスケール。

別ページでこのようにお話しました。

このページではフリジアンスケールに関連した
「フリジアンドミナントスケール」を検証してみます。

図のように、フリジアンドミナントスケールは
フリジアンスケールの第3音「m3」を半音上げ「M3」にすれば作ることができます。

つまり「1・b9・M3・4・5・b6・m7」となるわけです。

ここで「あれ?この構成音はハーモニック・マイナーP5↓と同じじゃないか!」と
思った人はさすがです!

まったくその通りで、フリジアンドミナントスケールと
ハーモニックマイナーP5↓(パーフェクト・ファイブ・ビロウ)は
「同じスケール」なのです。

ここで「ハーモニックマイナーP5↓」のページをもう一度見ておいてください。

同じスケールなんだから、このページを作る必要は無いかな?と思ったのですが、
「ハーモニックマイナースケール」の第5音をトニックとした、

つまりハーモニックマイナースケールから考えた「ハーモニックマイナーP5↓」

フリジアンスケールから考えた「フリジアンドミナントスケール」

この2つは解釈が違うというかアプローチが違う、
というか考え方が違うと思ったのでページを作ってみました。

ややこしくなってしまいますが、
スパニッシュスケールは「1・b9・m3・M3・4・5・b6・m7」の8音構成のスケールで
「1・b9・m3・4・5・b6・m7」のフリジアンスケールに「M3」を付け足したスケール。

つまり、スパニッシュスケールから「m3」を抜いてしまえば
フリジアンドミナントスケールになるのです。

最後に構成音を整理しておきましょう

「1・b9・m3・4・5・b6・m7」=フリジアンスケール
「1・b9・M3・4・5・b6・m7」=フリジアンドミナントスケール or ハーモニックマイナーP5↓
「1・b9・m3・M3・4・5・b6・m7」=スパニッシュスケール

スケール講座 目次

覚えたスケールを使いこなそう!

せっかくスケールを覚えても、
それを使いこなせなければ意味がありません。

そこで、より実践でスケールを活用する方法をまとめた
スケール解体新書というファイルを用意しました。

ファイルのダウンロードは無料です。

また、ダウンロードされた方にはメルマガが配信されますが、
毎回動画レッスンをお届けしていきます。

不要な場合はいつでも配信解除できますし、
もちろんこれらも全て無料です。

今すぐ下のフォームを埋めて
スケール解体新書と動画レッスンをお楽しみください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら



関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. マディ・ウォーターズ

    【カントリーブルース】Why Don’t You Live So

    マディ・ウォーターズの Why Don't You Live Soの奏法解説です。 ボトルネ…

ピックアップ講座

  1. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
  2. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  3. カントリーブルースギター講座
    ロバート・ジョンソン ギタースタイルレッスン ロバートジョンソンのギタースタイルを徹底解説!…
ページ上部へ戻る