【音楽理論】音名

音楽理論講座の第1回目は
音名についてです。

音名とは、「ドレミファソラシド」のことですが、
他にも色々な呼び方があります。

ギターでCコードを押さえたことがあると思いますが、
この「C」も音名なのです。

それでは音名一覧表をご覧ください。

ラテン語? ファ
日本語
英語
ドイツ語

クラシックの場合、
音名はドイツ語で読まれることが多いです。

ちなみに読み方もちょっと違って、
C(チェー)D(デー)E(エー)F(エフ)G(ゲー)A(アー)H(ハー)

ただ、西洋音楽(ロック・ポップ・ジャズなど)では
ほとんどが英語表記なので、それを覚えておけば問題ありません。

次のレッスンからは、主に英語表記の音名としてお話していきますが、
たまに日本語表記も出てくることがあるので、一応覚えておいてください。

音楽理論2 五線譜の読み方へ
音楽理論 楽典 目次へ

理論を実践で活用するスケールの教科書

理論は覚えるだけでは意味がなく、
それをどう使うかが大切です。

そこで、理論がわからない人でも
様々なスケールを即戦力で活用できる
スケールの教科書を無料配布します。

「理論を覚えてもどう使えばいいかわからない…」

そんな悩みをお持ちの場合は
下のボタンをクリックして、
無料ダウンロードしてください。

スケール解体新書

関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. スケールのKEY移行方法

    スケールのKEY移行方法

    今回はスケールのKEYを 自由に好きなKEYに変更する方法を紹介します。 スケールのKEY移…

ピックアップ講座

  1. ギター初心者講座
    ギター初心者 基本講座 ギターを始めたけどなかなか弾けるようにならない。 それならこの練習法…
  2. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
  3. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
ページ上部へ戻る