【音楽理論】スリーコードとコードの役割

音楽理論講座の第8回目は
スリーコードとコードの役割についてです。

前回、ダイアトニックコードを解説したわけですが、
その中でもスリーコードと呼ばれる
代表的な役割を持つコードがあります。

この3つは最も重要なコードですので、
早速紹介していきましょう。

※今回は全てメジャーKEYでの話です。

1、トニックコード(T)

KEYの1度をルートとするコードで、最も安定感のあるコード。

例)KEY=Cの場合 CやCmaj7

2、ドミナントコード(D)

KEYの5度をルートとするコード。
最も不安定な響きで、トニックに進行したくなる性質がある。

例)KEY=Cの場合 GやG7

D→Tという進行は強烈で、
そこでKEYの安定感を出すことができます。

3、サブドミナントコード(SD)

KEYの4度をルートとするコード。
安定感がなく、他のコード(トニックやドミナント)に進行したくなる性質がある。

例)KEY=Cの場合 FやFmaj7

以上3つが、最も基本的なコードの役割で、
これらを総称してスリーコード、もしくは主要3和音と呼びます。

スリーコードを使った、一番シンプルなコード進行が、
「C→F→G→C」の繰り返しですね。

今回取り上げたのは7つあるダイアトニックコードの中の3つだけですが、
この3つのコードが一番重要な役割になっています。

もちろん、その他4つのコードにもそれぞれの役割があるので、
次回はそれらについて解説していきたいと思います。

音楽理論9 代理コードについてへ
音楽理論 楽典 目次へ

理論を実践で活用するスケールの教科書

理論は覚えるだけでは意味がなく、
それをどう使うかが大切です。

そこで、理論がわからない人でも
様々なスケールを即戦力で活用できる
スケールの教科書を無料配布します。

「理論を覚えてもどう使えばいいかわからない…」

そんな悩みをお持ちの場合は
下のボタンをクリックして、
無料ダウンロードしてください。

スケール解体新書

関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. アドリブギター講座

    アドリブでのランフレーズ応用法

    今回はアドリブの定番リックであるランフレーズを応用し、 さらに実践に活かす考え方をお話します。 …

ピックアップ講座

  1. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  2. カントリーブルースギター講座
    Crossroad Blues ロバートジョンソンの名曲、Crossroad Bluesの奏法…
  3. ギター初心者講座
    ギター初心者 基本講座 ギターを始めたけどなかなか弾けるようにならない。 それならこの練習法…
ページ上部へ戻る