【音楽理論】代理コード

音楽理論講座の第9回目は
代理コードについてです。

前回、スリーコードを解説したわけですが、
スリーコードの代理として使われるコードがあるんですね。

それを代理コードと言うのですが、
早速それぞれ見ていきましょう!

まず、簡単に前回のおさらいですが、
Ⅰ=トニック Ⅳ=サブドミナント Ⅴ=ドミナント

このように、大まかに分けて3つの役割があるとお話しましたよね?

さらに、ダイアトニックコードの他のコードも
この3つに割り当てることが出来ます。

トニックの代理コード=Ⅲm7、Ⅵm7
(KEY=Cの場合、Em7、Am7)

サブドミナントの代理コード=Ⅱm7
(KEY=Cの場合、Dm7)

ドミナントの代理コード=Ⅶm7-5
(KEY=Cの場合、Bm7-5)

つまり、このようになります。

役割 スリーコード 代理コード
トニック Ⅲm7 Ⅵm7
サブドミナント Ⅱm7
ドミナント Ⅶm7-5

例えばC→F→Gというコード進行を
C→Em7(トニック)→Dm7→F(サブドミナント)→Bm7-5→G(ドミナント)

このようにスリーコード→代理コードと弾くことで
コード進行にバリエーションが出来るわけですね。

他にもダイアトニックコード以外の代理コードなどもあります。

ただ、今回お話したことが最も基本的なことなので、
まずは今回の内容をしっかりと把握してくださいね。

音楽理論10 メジャースケールの使い方についてへ
音楽理論 楽典 目次へ

理論を実践で活用するスケールの教科書

理論は覚えるだけでは意味がなく、
それをどう使うかが大切です。

そこで、理論がわからない人でも
様々なスケールを即戦力で活用できる
スケールの教科書を無料配布します。

「理論を覚えてもどう使えばいいかわからない…」

そんな悩みをお持ちの場合は
下のボタンをクリックして、
無料ダウンロードしてください。

スケール解体新書

関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. ブルースバッキング

    【ブルースバッキング】ブギーリフ

    ブルースバッキングの基本講座をお届けします。 第3回目はブギーで使われるリフの 定番バッキン…

ピックアップ講座

  1. カントリーブルースギター講座
    Crossroad Blues ロバートジョンソンの名曲、Crossroad Bluesの奏法…
  2. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
  3. ギター初心者講座
    ギター初心者 基本講座 ギターを始めたけどなかなか弾けるようにならない。 それならこの練習法…
ページ上部へ戻る