ハーモニック マイナーP5↓の構成

ハーモニック・ マイナーP5↓

少しややこしい話になりますが、気楽にご覧ください。

例えば「Am→E7」のコード進行で
「Aハーモニックマイナースケール」でソロを弾いていたとします。

そこで「Am」から「E7」にコードが変わったら
「Aハーモニックマイナースケール」の「M7」の音は
「E7」に対して「M3」の音になってしまいます

※図参照。

そこで「E7」にコードが変わったら
「Eハーモニックマイナースケール」にチェンジしようか?と考えるわけです。

ところが、そのまま弾いても外れたようには聞こえません。

それは真ん中の図の
「ハーモニックマイナーP5↓(パーフェクト・ファイブ・ビロウ)」が
裏で鳴ってくれるのが理由になります。

「Aハーモニックマイナースケール」の図の5弦7フレットの「5」から
「5→b6→M7→1→9→m3→4→5」と弾けば、
それが真ん中の図の「1→b9→M3→4→5→b6→m7→1」に該当しますが、
それこそが「ハーモニックマイナーP5↓」になります

つまりハーモニックマイナースケールの5番目の音「5」をルートとして
ハーモニックマイナースケールの構成音を弾いたことになる
わけですね。

「Eハーモニックマイナースケール」とは構成音が違うが、
非常に雰囲気が似ているので「E7」にコードが変わっても外れたようには聞こえない、
ということです。

そして、影の「ハーモニック・マイナーP5↓」を主役にして、
独立した1つのスケールとして弾いてしまおう、と言う考え方になります。

「1・b9・M3・4・5・b6・m7・1」の音で
マイナーコードで弾いてみてください。

またハーモニックマイナースケールの
5番目の音がルートになるコードへ移った場合は、
スケールチェンジする必要がないということも覚えておきましょう。

ハーモニックマイナースケールの構成
スケール講座 目次

覚えたスケールを使いこなそう!

せっかくスケールを覚えても、
それを使いこなせなければ意味がありません。

そこで、より実践でスケールを活用する方法をまとめた
スケール解体新書というファイルを用意しました。

ファイルのダウンロードは無料です。

また、ダウンロードされた方にはメルマガが配信されますが、
毎回動画レッスンをお届けしていきます。

不要な場合はいつでも配信解除できますし、
もちろんこれらも全て無料です。

今すぐ下のフォームを埋めて
スケール解体新書と動画レッスンをお楽しみください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら




関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. チョーキング

    チョーキングテクニック

    今回は教則本などにはあまり載っていない、 2種類のカッコいいチョーキングです。 SRVやジミ…

ピックアップ講座

  1. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  2. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
  3. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
ページ上部へ戻る