ハーモニックマイナースケールの構成

ハーモニックマイナースケール
「ネオクラシカル・メタル」のギタリストが頻繁に使うことで有名な「ハーモニックマイナースケール」

図でナチュラルマイナースケールと同じ「A」のキーで比較してみたので、よく観察してみましょう。

ナチュラルマイナースケールの第7音の「m7」を半音上げて「M7」にした7音、つまり「1・9・m3・4・5・b6・M7」がハーモニックマイナースケールの構成音です。

違いは第7音だけ!
ここをシッカリ押さえておけばOKです。

このスケールの特徴は「b6」と「M7」の間が
「1音半」つまり「3フレット」空くことで、
図のようにポジションの形が複雑になります。

しかし、スケールの響きは覚えやすいでしょう。

単純に「1→9→m3→4→5→b6→M7→1」と弾くだけで、
クラシック調の雰囲気になります。

また、それだけで1つのフレーズが完結したようにも感じれますね。

これは「M7→1」と終わることが「終息感」を出しているからです。
(終息感とは「曲やフレーズが終わった!」という雰囲気のこと)

図の濃いグレーになっている範囲は「ボックスド・イン・スタイル」、
つまり「ポジション移動しないで、ボックスの中で弾く」と考えたポジションです。

インギーなんかは1本の弦だけでフレーズを弾いてしまいますが、
自分の弾き易いポジションを探してみてください。

難しいのは「1本の弦で4つの音を弾かなきゃいけない場合」が出てきます。

小指が使えないと
なかなか弾きこなすのが難しいスケールと言えますね。

また、このスケールにはもう1つの側面があります。

「M7→1」と終わらないように適当にフレーズを弾いてみると、
クラシック調のメロディーとは全くかけはなれた雰囲気のフレーズになってしまいます。

それは「アラビア風」「中近東風」と言うか
摩訶不思議な感じと言いましょうか。

これもハーモニックマイナースケールの特徴です。

遊びで弾いてみるだけでも気分が変わって楽しいかもですね。

スケール講座 目次

覚えたスケールを使いこなそう!

せっかくスケールを覚えても、
それを使いこなせなければ意味がありません。

そこで、より実践でスケールを活用する方法をまとめた
スケール解体新書というファイルを用意しました。

ファイルのダウンロードは無料です。

また、ダウンロードされた方にはメルマガが配信されますが、
毎回動画レッスンをお届けしていきます。

不要な場合はいつでも配信解除できますし、
もちろんこれらも全て無料です。

今すぐ下のフォームを埋めて
スケール解体新書と動画レッスンをお楽しみください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら




関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. スライドのコツ

    ギター初心者レッスン スライドのコツ

    今回は大きなポジションのスライドで 正確に狙ったフレットにたどり着くコツを紹介します。 少し…

ピックアップ講座

  1. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  2. ギター初心者講座
    ギター初心者 基本講座 ギターを始めたけどなかなか弾けるようにならない。 それならこの練習法…
  3. カントリーブルースギター講座
    Crossroad Blues ロバートジョンソンの名曲、Crossroad Bluesの奏法…
ページ上部へ戻る