リディアンドミナントスケールの構成

リディアンドミナントスケール
リディアンスケールの構成音は「1・9・M3・b5・5・6・M7」である。
ということを理解し覚えたら、ついでに「リディアンドミナントスケール」も知っておいて損はありません。

二つの図を比較すればおわかりのように、リディアンドミナントスケールの構成音は「1・9・M3・b5・5・6・m7」で、リディアン・スケールの第7音「M7」を半音下げ「m7」にしたスケールになります。

また、右側の図のピンク色の範囲の形を見て
「この形はミクソリディアンスケールのポジションと似ている!」と思った人は実に鋭い!

そうなのです!

「ミクソリディアン・スケール」の構成音「1・9・M3・4・5・6・m7」の
「4」を半音上げて「b5」にしたスケール、と考えることもできます。

これだけ理解しておけば、もう完璧ではないでしょうか?

この「リディアンドミナントスケール」は主に
「サブドミナント」のセブンス・コードで使われています。

例えば「E7→A7→B7」のブルースの場合、
「Eブルース・スケール」でコードが何に変わろうが弾き通してしまうことが多いですが、
この進行の「サブドミナント」の「A7コード」に
「Aリディアンドミナント・スケール」を使うのも面白い、とされています。

ぜひ試してみてください。

スケール講座 目次

覚えたスケールを使いこなそう!

せっかくスケールを覚えても、
それを使いこなせなければ意味がありません。

そこで、より実践でスケールを活用する方法をまとめた
スケール解体新書というファイルを用意しました。

ファイルのダウンロードは無料です。

また、ダウンロードされた方にはメルマガが配信されますが、
毎回動画レッスンをお届けしていきます。

不要な場合はいつでも配信解除できますし、
もちろんこれらも全て無料です。

今すぐ下のフォームを埋めて
スケール解体新書と動画レッスンをお楽しみください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら



関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. マディ・ウォーターズ

    【カントリーブルース】Why Don’t You Live So

    マディ・ウォーターズの Why Don't You Live Soの奏法解説です。 ボトルネ…

ピックアップ講座

  1. カントリーブルースギター講座
    ロバート・ジョンソン ギタースタイルレッスン ロバートジョンソンのギタースタイルを徹底解説!…
  2. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  3. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
ページ上部へ戻る