リディアンドミナントスケールの構成

リディアンドミナントスケール
リディアンスケールの構成音は「1・9・M3・b5・5・6・M7」である。
ということを理解し覚えたら、ついでに「リディアンドミナントスケール」も知っておいて損はありません。

二つの図を比較すればおわかりのように、リディアンドミナントスケールの構成音は「1・9・M3・b5・5・6・m7」で、リディアン・スケールの第7音「M7」を半音下げ「m7」にしたスケールになります。

また、右側の図のピンク色の範囲の形を見て
「この形はミクソリディアンスケールのポジションと似ている!」と思った人は実に鋭い!

そうなのです!

「ミクソリディアン・スケール」の構成音「1・9・M3・4・5・6・m7」の
「4」を半音上げて「b5」にしたスケール、と考えることもできます。

これだけ理解しておけば、もう完璧ではないでしょうか?

この「リディアンドミナントスケール」は主に
「サブドミナント」のセブンス・コードで使われています。

例えば「E7→A7→B7」のブルースの場合、
「Eブルース・スケール」でコードが何に変わろうが弾き通してしまうことが多いですが、
この進行の「サブドミナント」の「A7コード」に
「Aリディアンドミナント・スケール」を使うのも面白い、とされています。

ぜひ試してみてください。

スケール講座 目次

覚えたスケールを使いこなそう!

せっかくスケールを覚えても、
それを使いこなせなければ意味がありません。

そこで、より実践でスケールを活用する方法をまとめた
スケール解体新書というファイルを用意しました。

ファイルのダウンロードは無料です。

また、ダウンロードされた方にはメルマガが配信されますが、
毎回動画レッスンをお届けしていきます。

不要な場合はいつでも配信解除できますし、
もちろんこれらも全て無料です。

今すぐ下のフォームを埋めて
スケール解体新書と動画レッスンをお楽しみください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら



関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. アドリブギター

    【アドリブギター マンネリを打破#4】縦の動き

    今回はアドリブのフレーズにマンネリを感じている方へ、 マンネリを打破するアイディアを紹介したいと思…

ピックアップ講座

  1. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  2. ギター初心者講座
    ギター初心者 基本講座 ギターを始めたけどなかなか弾けるようにならない。 それならこの練習法…
  3. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
ページ上部へ戻る