メジャー・マイナー・パワーコードの検証

メジャー・マイナー・パワーコード

メジャー・コードの検証

コードは「数字で捉える」のが常識です。

「押さえ方」しか載っていないコードブックを見て、
コードフォームの押さえ方だけ覚えるのには意味がありません。

(ギターを始めたばかりの人にとっては重要ですが)

「何と何の音が鳴るから何コードなんだ!」と検証・確認して
はじめて「コードを覚えた」と言えます。

「どうして、こう押さえるのか?」を考えないといけないってことですね。

一番上の図は、6弦ルートのメジャーコードですが、
「鳴る音」と見ると、1・M3・5の「3種類の音」だけとわかります。

真ん中は「5弦のルート音で構成するフォーム」

これも1・M3・5の3種だけです。

あまり使わないフォームの一番下の図も、
1・M3・5しか鳴りません。

このことから、

メジャーコードは、1・M3・5の3音で作れる」と言えますよね。

「1」と「1に対して明るく聞こえるM3」と「5」の3つの音があればいいわけです。

だから、ファンク系のカッティングとかで
3本の弦だけ鳴らすのも「あり」なのです。

一番上の図なら「5弦・4弦・3弦」だけ鳴らしてもOK。
真ん中の図なら「4弦・3弦・2弦」だけだってOKです。

マイナー・コードの検証

一番上の図は、6弦のルート音で構成するタイプです。

先ほどと同様に考えてみると、
鳴るのは、1・m3・5の3種類の音だけです。

上との違いは「第3音だけ」ですね!

このことから、
「コードの第3音がマイナーかメジャーか?を決める」と
気付いたでしょうか。

ですので、同じ6弦ルートのメジャーコードで
3弦の「M3」を押さえていた中指を外すだけでマイナーコードになるのです。

ここで確認すべきは
マイナー・コードは、1・m3・5の3つの音で作れる」ということです。

「ルート音」と「ルート音に対して暗く聞こえるm3」と「5」

この3つがあればいいのです。

これさえ理解しておけば、
あなたは指板のどこでもマイナーコードを作れるようになります。

それには「どこが何の音か?」を把握していないと不可能ですけどね。

パワー・コードの検証

図の通り「1」と「5」しか使わないのが
「歪み系のロック」に欠かせない「パワー・コード」。

「1度・3度・5度の音が揃って“コード”」と書いているある本もあります。

ですが、ロックは堅苦しいものではないので全く気にすることはありません。

この「パワー・コード」には三度の音「M3」も「m3」も入ってないので
メジャーでもマイナーでも使える」ということになります。

音楽理論講座 目次

ギタースケール解体新書 無料ダウンロード

ポジションを簡単に覚えて、
実践的に使いこなす方法をまとめました。

この知識を覚えてしまえば、
理論がわからなくても
すぐにダイアトニックスケールを弾きこなせます。

さらに、100本以上のレッスン動画も受講できます。

全て完全無料ですので、
お気軽に下のフォームからご登録ください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら



関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. エクストリーム

    エクストリーム – More Than Words

    エクストリームのMore Than Wordsの イントロ部分を解説してみました。 フィンガ…

ピックアップ講座

  1. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  2. カントリーブルースギター講座
    Crossroad Blues ロバートジョンソンの名曲、Crossroad Bluesの奏法…
  3. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
ページ上部へ戻る