メジャースケールの構成

メジャースケール
「メジャースケール」は「アイオニアンスケール」とも呼ばれ「1・9・M3・4・5・6・M7」の7音構成のスケールです。

誰でも知ってる「ドレミファソラシド」ですね。

こちらのページでも触れましたが、メジャーペンタトニック・スケールに「4」と「M7」を付け足したスケールになります。

余談ですが、6弦4フレットの「M7」つまりG♯音から
「M7→1→9→M3→4→5→6→M7」と弾くと
「G♯ロクリアンスケール」を弾いたことになります。

つまりメジャースケールとロクリアンスケールは
ポジション・フォームが同一というわけです。

ついでに覚えておきましょう。

さて本題に戻ります。

メジャースケールの6弦ルートの基本ポジションは、
図のように「ポジション・フォームの左隅にルート音がない」ので
弾きにくく感じる人も多いでしょう。

平行調を利用して「Aメジャースケール」の「1・9・M3・4・5・6・M7」と
「F♯ナチュラルマイナースケール」の「1・9・m3・4・5・b6・m7」は
図を見ての通り弾く音は全く同じになります。

(各音の役割は当然違いますが)

ナチュラルマイナースケールかメジャースケール。

覚えやすい方でポジションを覚えてしまい、
その後に「どこが何の音か?」を確認しながら弾く
といいかもですね。

メジャースケールのフレーズはこちら
スケール講座 目次

覚えたスケールを使いこなそう!

せっかくスケールを覚えても、
それを使いこなせなければ意味がありません。

そこで、より実践でスケールを活用する方法をまとめた
スケール解体新書というファイルを用意しました。

ファイルのダウンロードは無料です。

また、ダウンロードされた方にはメルマガが配信されますが、
毎回動画レッスンをお届けしていきます。

不要な場合はいつでも配信解除できますし、
もちろんこれらも全て無料です。

今すぐ下のフォームを埋めて
スケール解体新書と動画レッスンをお楽しみください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら




関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. アドリブギターレッスン

    【アドリブギターレッスン】音を限定する

    「スケールって何?」というくらいのアドリブギター初心者の方に、 とにかくアドリブの楽しさを体感して…

ピックアップ講座

  1. カントリーブルースギター講座
    Crossroad Blues ロバートジョンソンの名曲、Crossroad Bluesの奏法…
  2. ギター初心者講座
    ギター初心者 基本講座 ギターを始めたけどなかなか弾けるようにならない。 それならこの練習法…
  3. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
ページ上部へ戻る