メジャーペンタトニック・スケールの構成

メジャーペンタトニックスケール
「メジャーペンタトニック・スケール」は「1・9・M3・5・6」の5音構成になります。

「1・9・M3・4・5・6・M7」のメジャー・スケールから「4」と「M7」を抜くことから、”よな抜きスケール”とも呼ばれています。

「4」と「M7」を抜いたことで泥臭い明るさと言うか、ダイナミックで泥臭い明るさみたいな雰囲気になります。

図は同じ「A」のキーで
マイナーとメジャーのペンタトニックを比較したものです。

「マイナーペンタトニックのポジションを
そのまま3フレット低音部へスライドさせると、
同じキーでメジャーなフレーズが弾ける」

と言われる理由が、
2つの図を比較すれば良く分かると思います。

つまりブルーの範囲を3フレット下げると
ピンクの範囲になるよね?こういうことです。

本来「6弦ルートの基本ポジション」と言えば、
6弦のルート音から高音部へ弾きます。

Aメジャー・ペンタトニックの基本ポジションは
図の4~7フレットの範囲ですね。

だから、マイナーペンタトニック・スケールの基本ポジションを
わざわざ3フレット下げなくてもそこで弾けばいい。

でもポジション・フォームの形が変わるから、
新たに覚えるのが面倒臭いので3フレット下げて弾く。

という感じで使われます。

正直どこで弾いも良いんですけどね。

ブルースでは、マイナーキーなのに
「ある瞬間からガラッと雰囲気を変えて、
明るい雰囲気のフレーズが弾かれている」ことが多いです。

それは上記の様にマイナー・ペンタトニックのポジションを
3フレット下げて弾けば簡単にできます。

この行為を
「マイナーとメジャーのフレーズを移動型(あるいは分離型)で弾き別けた」と言います。

これに対して「混合型」と言う弾き方もありますが、
それはまた別ページで解説したいと思います。

メジャーペンタトニック・スケールを使ったフレーズはこちら
スケール講座目次

覚えたスケールを使いこなそう!

せっかくスケールを覚えても、
それを使いこなせなければ意味がありません。

そこで、より実践でスケールを活用する方法をまとめた
スケール解体新書というファイルを用意しました。

ファイルのダウンロードは無料です。

また、ダウンロードされた方にはメルマガが配信されますが、
毎回動画レッスンをお届けしていきます。

不要な場合はいつでも配信解除できますし、
もちろんこれらも全て無料です。

今すぐ下のフォームを埋めて
スケール解体新書と動画レッスンをお楽しみください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら




関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. オルタネイティングベース

    【カントリーブルースギター】オルタネイティングベースの基礎

    今回はカントリーブルースの定番スタイルである オルタネイティングベースを解説します。 初歩的…

ピックアップ講座

  1. カントリーブルースギター講座
    Crossroad Blues ロバートジョンソンの名曲、Crossroad Bluesの奏法…
  2. ギター初心者講座
    ギター初心者 基本講座 ギターを始めたけどなかなか弾けるようにならない。 それならこの練習法…
  3. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
ページ上部へ戻る