メロディックマイナースケールの構成

メロディックマイナースケール
「ハーモニックマイナースケール」は「ナチュラルマイナースケール」の「m7」を半音上げて「M7」にした「1・9・m3・4・5・b6・M7」の7音。

別ページでこのようなお話しをしました。

ここで紹介する「メロディックマイナースケール」は「ハーモニック・マイナー・スケール」の
「b6」を半音上げて「6」にしたものということが図を見ればわかると思います。

つまりメロディックマイナースケールは「1・9・m3・4・5・6・M7」の7音構成となります。

また、メジャー・スケールの
「1・9・M3・4・5・6・M7」の7音とは第3音しか違いがありません。

つまり「メジャー・スケールのM3を半音下げてm3にすると
メロディック・マイナー・スケールになる」
とも言えます。

このメロディックマイナースケールは、
あなたがハーモニックマイナースケールをマスターしていれば
「b6」を半音上げて「6」にすればいいだけなので簡単、とはいきません。

この2つのスケールは「別物」と考えて
取り組んだ方が良いかもしれません。

ポジションは似てるけど微妙に違うから、
混同しやすく厄介ですよね。

2つの違いの「6」の位置を正確に把握することしかないでしょう。

さて、ここまで

 ・ナチュラルマイナースケール
 ・ハーモニックマイナースケール
 ・メロディックマイナースケール

と3つのマイナースケールを研究しましたが、
問題なのは「どういう場合にどのスケールを使えば良いか?」ということです。

インギーの曲とかをコピーしてみたことのある人はお気付きだと思いますが、
1つのソロの中で

「この部分はm7が使われているからナチュラルマイナースケール」
「ここはb6とM7が使われているからハーモニックマイナースケール」
「ここは6とM7が使われているからメロディックマイナースケール」と、

3つのスケールが混在する場合もあります。

つまり、厳密なルールがあるわけではなく、
自分の耳で確認し、雰囲気を感じ取って
使い分けるのが良いでしょう。

スケール講座 目次

覚えたスケールを使いこなそう!

せっかくスケールを覚えても、
それを使いこなせなければ意味がありません。

そこで、より実践でスケールを活用する方法をまとめた
スケール解体新書というファイルを用意しました。

ファイルのダウンロードは無料です。

また、ダウンロードされた方にはメルマガが配信されますが、
毎回動画レッスンをお届けしていきます。

不要な場合はいつでも配信解除できますし、
もちろんこれらも全て無料です。

今すぐ下のフォームを埋めて
スケール解体新書と動画レッスンをお楽しみください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら




関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. アドリブギター

    【アドリブギター マンネリを打破#4】縦の動き

    今回はアドリブのフレーズにマンネリを感じている方へ、 マンネリを打破するアイディアを紹介したいと思…

ピックアップ講座

  1. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  2. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  3. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
ページ上部へ戻る