マイナーペンタトニック・スケールの構成

マイナーペンタトニックスケール
マイナーペンタトニック・スケールとは、
図の様に「1・m3・4・5・m7」の
5つの音で構成されるスケール(音階・音の集団)
です。

頭に「マイナー」と付くことから、
「悲しい雰囲気を造る5つの音を使った音階」

こんな感じのスケールになります。

また、別ページで詳しくお話ししますが、
「メジャーペンタトニック・スケール」もあります。

この「マイナー」と「メジャー」の
ペンタトニック・スケールは、
ロックギタリストが最初に覚えるべきスケールです。

理由は「幅広いジャンルの音楽に対応できる」ことと
「適当に弾いただけでフレーズっぽくなる」からです。

音数も少ないし、ポジション・フォームも覚えやすく、
これ以上簡単なスケールはない、とも言えます。

上図は6弦5フレットのA音をルートとして
「1・m3・4・5・m7」の5つの音はどこにあるかを把握したものです。

マイナーペンタトニック・スケールの音が黄色の丸に、
それ以外の音はグレーの丸になっています。

ブルーの範囲は
「6弦のルート音から高音部へ弾く基本的なポジション・フォーム」

これを略して「6弦ルートの基本ポジション・フォーム」と呼びます。

しかし「1・m3・4・5・m7」の5つの音なら
指板のそこらじゅうにあるので、どこで弾いても構いません。

逆に、どんな場所で弾こうが「1・m3・4・5・m7」の5音しか使わなければ
「マイナーペンタトニック・スケール」にしかなりません。

マイナーペンタトニック・スケールが重要な理由は他にもあります。

暗く悲しい雰囲気を出せるスケールは他にも幾つかありますが、
それらをマイナーペンタトニック・スケールを基準に考える場合があるからです。

例えばナチュラルマイナー・スケールは
マイナーペンタトニック・スケールに「9」と「b6」の2つの音を加えた
「1・9・m3・4・5・b6・m7」の7音構成。

として楽に覚えることが出来る。

「1・m3・4・5・m7」の5音ならどこで弾いても良いですが、
この講座では「6弦ルートの基本ポジション・フォーム」を基準に
研究を進めて行くので、ここだけは何が何でも覚えてください。

また、図のブルーの範囲の様に6弦から1弦までを使い、
指板の狭い範囲で沢山の音を弾く方法を
「ボックスド・イン・スタイル」と呼ぶことも覚えておきましょう。

マイナーペンタトニック・スケールを使ったフレーズはこちら
スケール講座目次

覚えたスケールを使いこなそう!

せっかくスケールを覚えても、
それを使いこなせなければ意味がありません。

そこで、より実践でスケールを活用する方法をまとめた
スケール解体新書というファイルを用意しました。

ファイルのダウンロードは無料です。

また、ダウンロードされた方にはメルマガが配信されますが、
毎回動画レッスンをお届けしていきます。

不要な場合はいつでも配信解除できますし、
もちろんこれらも全て無料です。

今すぐ下のフォームを埋めて
スケール解体新書と動画レッスンをお楽しみください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら




関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. オルタネイティングベース

    【カントリーブルースギター】オルタネイティングベースの基礎

    今回はカントリーブルースの定番スタイルである オルタネイティングベースを解説します。 初歩的…

ピックアップ講座

  1. ギター初心者講座
    ギター初心者 基本講座 ギターを始めたけどなかなか弾けるようにならない。 それならこの練習法…
  2. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  3. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
ページ上部へ戻る