マイナーペンタトニック・スケール+♭5の構成

マイナーペンタトニックスケール+♭5
マイナーペンタトニック・スケールとは、
「1・m3・4・5・m7」の5音構成のスケールである。

前回の内容を理解し覚えたら、
そこから一歩前進してみましょう。

ここではマイナーペンタトニック・スケールに
「b5」を加えてみます。

つまり「1・m3・4・b5・5・m7」の
6音構成のスケールを弾く
と考えてもいいです。

「b5」はマイナーペンタトニックと相性良く、
一緒に混ぜて使うことが多いんですね。

図は6弦5フレットの「A音」をルートとする
「Aマイナー・ペンタトニック・スケール」に対する
「b5」の位置を●で示したものです。

マイナーペンタトニック・スケールだけでも、
カッコいいフレーズがたくさん弾けます。

例えば「5」を1半音チョーキングで「m7」まで持ち上げる。
「m3」を2音チョーキングで「5」まで持ち上げる。

などなど、マイナー・ペンタトニックスケールだけでも
違った雰囲気を出すことはできます。

同じように、マイナーペンタトニック・スケールに「b5」を加えて、
もっとカッコいいフレーズが弾けないか考えてみてください。

最も簡単な「b5」の使い方は「4→b5→5」あるいは「5→b5→4」と
「4」と「5」の間に挟んで弾くことです。

これを「b5」の「経過音的な扱い」と言います。

「b5」が長く鳴ると曲やコードに合わない場合がありますが、
「b5」の直後にマイナーペンタトニック・スケールの音が鳴ることで、
外れたりする心配がなくなります。

それはさておき、「♭5」の特徴を体感してみましょう。

まず、マイナーペンタトニック・スケールだけで、
5弦7フレット「5」から6弦5フレット「1」まで
「5→4→m3→1」と順番に弾いてみてください。

次に「5→b5→4→m3→1」と、
5弦6フレットの「b5」を入れてみましょう。

たった1つの音「b5」が入るだけで、
こんなに違いが出るんですね。

これはロックのソロやリフのエンディングでも良く使われるパターンですね。

つまり、ロックやブルースに
「b5」は絶対に欠かせない音とも言えます。

もちろん「5→b5→4」と順番通りに弾くこと以外にも
「b5」の使い方は色々あります。

それはご自身で試してみてください。

例えばフレーズの最初の音を「b5」にしてみる。
あるいは「b5」でフレーズが終わるように弾いてみる。

最初は軽い気持ちの「遊び」で弾いてみると面白いと思います。
そうすることで、指板上の「b5」の位置が身に付きますしね!

マイナーペンタトニック・スケールを使ったフレーズはこちら
スケール講座目次

覚えたスケールを使いこなそう!

せっかくスケールを覚えても、
それを使いこなせなければ意味がありません。

そこで、より実践でスケールを活用する方法をまとめた
スケール解体新書というファイルを用意しました。

ファイルのダウンロードは無料です。

また、ダウンロードされた方にはメルマガが配信されますが、
毎回動画レッスンをお届けしていきます。

不要な場合はいつでも配信解除できますし、
もちろんこれらも全て無料です。

今すぐ下のフォームを埋めて
スケール解体新書と動画レッスンをお楽しみください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら




関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. ブルースバッキング

    【ブルースバッキング】ウォーキングベース

    ブルースバッキングの基本講座をお届けします。 第1回目は最もブルースで良く使われる 汎用性抜…

ピックアップ講座

  1. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  2. ギター初心者講座
    ギター初心者 基本講座 ギターを始めたけどなかなか弾けるようにならない。 それならこの練習法…
  3. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
ページ上部へ戻る