ドリアンスケールの雰囲気を堪能する

以前、「モード=雰囲気」というお話をしたと思います。

つまり、ドリアンにはドリアンの雰囲気が、
リディアンにはリディアンの雰囲気があるわけです。

雰囲気=特徴とも言えますが、
モードを使いこなすためには
各モードの雰囲気を把握する必要があります。

”このコードにこのモード使えるのかな?”

ではなく、

”こういう雰囲気にしたいからこのモード使ってみよう”

こんな感覚で使えるようになるのを
最初の目標にしてみましょう。

さて、そこで今回はドリアンの雰囲気を堪能する方法を紹介したいと思います。

ドリアンスケールの特徴音

まずはこちらのスケール表をご覧ください。

ドリアンスケール、ナチュラルマイナースケール

AドリアンとAナチュラルマイナーのスケール表ですが、
この2つの違いはたった1つ、青丸の音だけです。

青丸は6度の音になりますが、
これがドリアンスケールの特徴音になります。

この音を強調することによって、
ドリアンの雰囲気を醸し出したフレーズができるわけです。

ドリアンの雰囲気を感じよう

では、実際に弾いてみましょう。

まずはナチュラルマイナースケールです。
Am7をバックに流してながら弾いてみてください。

ナチュラルマイナースケール

続いて、そのままドリアンスケールを弾いてみましょう。

ドリアンスケール

スケール練習みたいなフレーズ?ですが、
どちらも6度を強調しています。

6度はドリアンスケールの特徴音なので、
雰囲気の違いが良く感じられたかと思います。

個人的にはドリアン=クールみたいな印象がありますが、
感じ方は人それぞれです(笑)

まずはこの響き、雰囲気を覚えることがモードを使う第一歩と言えます。

雰囲気が掴めたら、この特徴音(6度)を強調することを意識して、
自分なりにフレーズを作ってみましょう。

徐々に感覚が掴めて、
ドリアンを弾くのが楽しくなってくるはずです。

次回 フリジアンスケールの雰囲気を堪能しよう
スケール講座 目次

覚えたスケールを使いこなそう!

せっかくスケールを覚えても、
それを使いこなせなければ意味がありません。

そこで、より実践でスケールを活用する方法をまとめた
スケール解体新書というファイルを用意しました。

ファイルのダウンロードは無料です。

また、ダウンロードされた方にはメルマガが配信されますが、
毎回動画レッスンをお届けしていきます。

不要な場合はいつでも配信解除できますし、
もちろんこれらも全て無料です。

今すぐ下のフォームを埋めて
スケール解体新書と動画レッスンをお楽しみください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら



関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. モノトニックベース

    【カントリーブルースギター】モノトニックベースを弾いてみよう!

    カントリーブルースでは定番の基本スタイル、 モノトニックベースを解説します。 オルタネイティ…

ピックアップ講座

  1. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  2. カントリーブルースギター講座
    ロバート・ジョンソン ギタースタイルレッスン ロバートジョンソンのギタースタイルを徹底解説!…
  3. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
ページ上部へ戻る