ナチュラルマイナースケールの構成

ナチュラルマイナースケール
ナチュラルマイナー・スケールはマイナーペンタトニック・スケールと比較して覚えるのが最も覚えやすいでしょう。

ですので、マイナーペンタトニック・スケールの構成を覚えるのは必須となります。

マイナーペンタトニック・スケールと比較するのは、どちらもマイナー感を出すスケールだからです。

「ナチュラルマイナー・スケール」は別名「エオリアン・スケール」とも呼ばれ
「1・9・m3・4・5・b6・m7」の7音構成のスケール

悲しく聞こえる音楽の骨格は
「基本的に」この音階で作られています。
(もちろん他にも色々ありますが)

図は6弦5フレットのA音がルートの
ナチュラルマイナー・スケールの基本ポジションと
マイナー・ペンタトニックスケールを比較したものです。

右側の図の「青い丸の音」に注目してください。

「9」と「b6」の2つの音だが、
それを外せばマイナーペンタトニック・スケールと全く同じ
です。

つまり「マイナーペンタトニック・スケール」に
「9」と「b6」の2つの音を加えると
「ナチュラルマイナー・スケール」になると言えます。

マイナー・キーの曲のソロをマイナーペンタトニック・スケールで弾くと、
ダイナミックで泥臭いマイナー感が出ます。

ナチュラルマイナー・スケールを使うと
「泥臭くない美しいフレーズ」になる傾向があります。

つまり、「9」と「b6」の2音が泥臭さを消してくれるわけです。

この2つの音が「メロウさ」と言うか
「滑らかな感じの、泥臭くない美しさ」を出してくれるのです。

ですので、そのような雰囲気のフレージングを作りたい場合は
この2つの音を効果的に使えば良いんですね。

そのためには、「9」「b6」の位置を
正確に把握しておく必要があります。

ナチュラルマイナー・スケールを使ったフレーズはこちら
スケール講座目次

覚えたスケールを使いこなそう!

せっかくスケールを覚えても、
それを使いこなせなければ意味がありません。

そこで、より実践でスケールを活用する方法をまとめた
スケール解体新書というファイルを用意しました。

ファイルのダウンロードは無料です。

また、ダウンロードされた方にはメルマガが配信されますが、
毎回動画レッスンをお届けしていきます。

不要な場合はいつでも配信解除できますし、
もちろんこれらも全て無料です。

今すぐ下のフォームを埋めて
スケール解体新書と動画レッスンをお楽しみください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら




関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. クロスロードブルース

    【ロバートジョンソン】Crossroad Blues

    カントリーブルースマン、ロバートジョンソンの Crossroad Bluesの奏法解説です。 …

ピックアップ講座

  1. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
  2. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  3. ギター初心者講座
    ギター初心者 基本講座 ギターを始めたけどなかなか弾けるようにならない。 それならこの練習法…
ページ上部へ戻る