オープンDとGのコードフォームの違い

今回は2大オープンチューニングのコードフォームの違いと
簡単な使いこなし方をご紹介します。

※2大オープンチューニング=G&D

この仕組がわかれば、
いちいちコードフォームやスケールを
覚え直す必要がなくなります。

かなり便利ですので、
オープンチューニングを使う方は必ず頭に入れておきましょう。

それではどうぞ!

【ポイント】

 ・オープンDをそのまま1弦ずつズラすとオープンGになる
  (オープンGからオープンDとにする場合は逆)

例)
オープンチューニング

以上が2つのオープンチューニングでも
コードフォームやスケールの違いになります。

一度覚えてしまえば簡単ですので、
今後は一切混乱しなくなりますよ!

あなたもカントリーブルースを弾いてみませんか?

今お聞きいただいた実演動画のような
カントリーブルースの独特なギタースタイル。
完コピできる戦前ブルースの無料講座。

ステップバイステップの構成、
そして全て動画、タブ譜を使ったレッスンなので
初心者でも無理なく上達していけます。

詳細&無料受講のお申込みは
下のボタンをクリック!

戦前ブルース短期集中講座

関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. スライドのコツ

    ギター初心者レッスン スライドのコツ

    今回は大きなポジションのスライドで 正確に狙ったフレットにたどり着くコツを紹介します。 少し…

ピックアップ講座

  1. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  2. カントリーブルースギター講座
    Crossroad Blues ロバートジョンソンの名曲、Crossroad Bluesの奏法…
  3. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
ページ上部へ戻る