ロバート・ジョンソン

”ロバート・ジョンソン”

あなたはこのブルースマンを知っているでしょうか?

1938年、27歳の若さで亡くなるまでに
残したのはたったの29曲。

その29曲がブルースやロックに限らず、
あらゆる現代のポピュラー音楽に影響を与え続けてきました。

直接的、間接的問わず、
今のポピュラー音楽を演奏する人で
ロバート・ジョンソンに影響を受けていない人はいない。

そう言っても過言ではないでしょう。

そんな伝説的ブルースマン、
ロバート・ジョンソンの全29曲を徹底解説します。

このレッスンを通してあなたは、

ロバート・ジョンソンが残した全収録曲をマスター!

ロバート・ジョンソンの多くの曲が
現在のブルース/ロックのスタンダードナンバーです。

もちろん多くの有名ギタリスト、バンドもカバーしています。

ごく一部の例を挙げると、

 ・クリーム(エリッククラプトン)のCrossroads
 ・レッドチェッペリンのTraveling Riverside Blues
 ・ローリングストーンズのLove In Vain
 ・レッドホットチリペッパーズのThey’re Red Hot

これらの名曲は全てロバート・ジョンソンのカバーです。

そして、「Sweet Home Chicago」や「Dust My Broom」は
プロ・アマ問わずブルースセッションの定番となっています。

このように、ロバート・ジョンソンが残した全29曲は
計り知れないほど影響力がありますが、
それら全てをレパートリーにすることができます。

ロバート・ジョンソンが愛用したKEY=Aスタイル

「32-20Blues」
「Dead Shrimp Blues」
「Kind Hearted Woman Blues」

など、ロバート・ジョンソンが最も使用した
KEY=Aでのベーステクニック、コードフォーム、パターンをマスター!

ベースの動きや独特なコードの動かし方など、
参考になるポイントがたくさんあります。

ブルースの王道!シャッフルベーススタイル

「Sweet Home Chicago」
「I Believe I’ll Dust My Broom」
「Ramblin’ On My Mind」

など、「これぞブルース!」と言えるような
王道のシャッフルベーススタイルをマスターしましょう。

また、このスタイルの曲は
ブルーススタンダードナンバーとして
セッションでも採用される機会が多い
です。

ブルースをやる人なら
絶対に覚えておきたい曲と言えるでしょう。

ロバート・ジョンソン流バラードスタイル

ロバート・ジョンソンが残したのは
ブルースだけではありません。

「Love In Vain」
「From Four Until Late」

のような、美しい旋律のバラードスタイル
学ぶことができます。

疾走間溢れるボトルネックプレイ

「Cross Road Blues」
「Preachin’ Blues」

など、ボトルネック奏法を使った
疾走感溢れるブルーススタイルが学べます。

スライドでしか出せないカッコいいリック、雰囲気を堪能してください。

ストラミングを駆使するオープンGスタイル

「Terraplane Blues」
「If I Had Possession Over Judgment Day」
「Stones In My Passway」

など、ロバート・ジョンソンが多用する
オープンGチューニングでの
ストラミングテクニック、コードフォーム、パターンも!

オープンチューニングならではの
コードヴォイシングやピッキングテクニック
をマスターしてください。

2曲だけで使用された貴重なドロップDチューニングスタイル

「Drunken Hearted Man」
「Malted Milk」

ロニー・ジョンソンの影響を強く感じる、
ロバート・ジョンソン流ドロップDチューニングスタイルもあります。

ロニー・ジョンソンのスタイルと比べてみると、
より楽しむことができるでしょう。

オープンDmチューニングスタイル

「Hell Hound On My Trail」

これはロバート・ジョンソンが残している
オープンDmの唯一の曲になります。

スキップ・ジェイムスの影響を受けた
ロバート・ジョンソン流オープンDmチューニングスタイルです。

などなど、カントリー・ブルースの
様々なスタイル・テクニックを身に付けることができます。

テクニックでは、

 ・モノトニックベース
 ・オルタネイティングベース
 ・シャッフルベース
 ・ストラミング
 ・ボトルネック奏法

チューニングでは、

 ・レギュラー
 ・オープンG
 ・オープンD
 ・オープンDm
 ・ドロップD

このように、カントリーブルースにおける
主要のテクニック、スタイルの8割方は網羅
しています。

カントリー・ブルース初心者~上級者まで、
幅広く楽しめるでしょう。

~ロバート・ジョンソン コンプリートギターレッスン~
1. Kind Hearted Woman Blues 26:34
2. I Believe I’ll Dust My Broom 17:25
3. Sweet Home Chicago 18:38
4. Ramblin’ On My Mind 21:20
5. When You Got A Good Friend 7:46
6. Come On In My Kitchen 14:43
7. Terraplane Blues 14:15
8. Phonograph Blues 9:03
9. 32-20 Blues 14:40
10. They’re Red Hot 16:42
11. Dead Shrimp Blues 12:40
12. Cross Road Blues 28:43
13. Walkin’ Blues 16:53
14. Last Fair Deal Gone Down 14:22
15. Preachin’ Blues (Up Jumped The Devil) 20:52
16. If I Had Possession Over Judgment Day 13:18
17. Stones In My Passway 13:04
18. I’m A Steady Rollin’ Man 17:32
19. From Four Until Late 14:38
20. Hell Hound On My Trail 18:27
21. Little Queen Of Spades 11:25
22. Malted Milk 22:46
23. Drunken Hearted Man 13:32
24. Me And The Devil Blues
25. Stop Breakin’ Down Blues 10:37
26. Traveling Riverside Blues 16:34
27. Honeymoon Blues
28. Love In Vain Blues 10:55
29. Milkcow’s Calf Blues 12:17
【収録内容】
 ・奏法解説動画 (計415分26秒)  ・完コピ用タブ譜
 ・フィンガリング スロー実演動画   ・ピッキング スロー実演動画
 ・歌詞

【価格】
  5000円

お申し込み方法

ページ上部へ戻る