アドリブギターでのランフレーズ応用法

今回はアドリブの定番リックであるランフレーズを応用し、
さらに実践に活かす考え方をお話します。

これはランフレーズに限らず、
アドリブネタのフレーズを活用する際のどんな場面でも使えます。

フレーズを発展させやすくなり、
より幅広いアドレスが作れるようになるので
ぜひ実践してみてください。

それではどうぞ!

アドリブギターでのランフレーズ応用法

 ・同一の音列のフレーズを違う弦やスケールで弾いてみる
 ・最後の音を、次に繋がるフレーズに変換させる
 ・複数のランフレーズを組み合わせる

以上3点が今回のレッスンのポイントになります。

どれも簡単にできると思いますが、
取っつきやすいのは同一音列の弦orスケール変換でしょうか?

同じフィンガリングの動きを
単純に弦やスケールを変えるだけですからね。

頭を使う部分がない分、簡単にできると思います。

次にやりやすいのはランフレーズの組み合わせでしょうか?

これは単純に組み合わせるだけでもいいのですが、
その場合、ぎこちないフレーズになる可能性があります。

そんな時な少しリズムを変えたり、
フレーズ自体を変化させる「アレンジ」が必要になります。

慣れればすぐに場に合った組み合わせが出来ますが、
最初は試行錯誤しながら取り組んでみてください。

アドリブはこういう小さな積み重ねで
徐々に上手くなっていくものです。

面倒に感じるかもしれませんが、
アドリブに興味ある場合は
ぜひ今回の内容を実践してくださいね。

アドリブギターでのランフレーズ応用法 実践

※タブ譜は全て、クリックすると拡大表示されます。

まずは2つのランフレーズを組み合わせたパターン。
ランフレーズ

次はランフレーズの最後の音を考えてみます。
ランフレーズ

ランフレーズを一つのフレーズとみなしたパターン。
ランフレーズ

レッスン動画内でもお話していますが、
ランフレーズのフレーズ単体自体カッコいいものが多いです。

ですので、無理に繰り返さなくても
応用次第でたくさんのフレージングに活かすことが可能です。

ぜひ、様々なパターンを試して
あなたのお気に入りを見つけてくださいね。

アドリブレッスン一覧へ
ギター動画講座 一覧へ

アドリブを弾くのは簡単!

「スケールポジションや使い方を覚えて、
フレーズもたくさんコピーして・・・」

このようにアドリブは難しく感じるかもしれませんが、
実は全くそんなことはありません。

コツやポイントを押さえて練習すれば、
誰でも簡単に弾けるようになるのです。

では、そのコツやポイントとは何か?
そして具体的にどのような練習をすればいいのか?

それを完全無料の動画レッスン、
さらにサポート付き
で紹介します。

あなたがアドリブに興味あるのでしたら
今すぐ下のフォームからお気軽にご登録ください。

苗字
メールアドレス

アドリブギター講座の詳細はこちら





関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. ギターレッスン オルタネイティングベース

    【カントリーブルースギター】オルタネイティングベースの基礎

    カントリーブルースの定番スタイルである オルタネイティングベースを解説します。 オルタネイテ…

ピックアップ講座

  1. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  2. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  3. カントリーブルースギター講座
    ロバート・ジョンソン ギタースタイルレッスン ロバートジョンソンのギタースタイルを徹底解説!…
ページ上部へ戻る