マイナーペンタトニックの使用法

速攻でスケールを覚える方法や
スケールの構造をまとめた無料ファイルも用意しています。

こちらと合わせてご覧いただけると
より一層理解が深まるかと思います。

「基本スケール解体新書」無料ダウンロード

今回は、前回紹介したブロックより
さらに高フレットでのポジションを紹介します。

【Aマイナーペンタトニックスケール】
=ルート(A) ●=スケール音
Aマイナーペンタトニックスケール        Aマイナーペンタトニックスケール

よく使われるブロックではあるのですが、
6弦~4弦の音は意外と使いづらかったりします(汗)

なので、3弦~1弦の6つの音を使うことから慣れていきましょう。

それでは、実際にこのポジションを使ったフレーズを紹介します。

【マイナーペンタトニックスケール 練習エクササイズ】
Aマイナーペンタトニックスケール

1弦~3弦のみを使った、
このブロックではよく見られるフレーズです。

使ってる音は6個しかありませんが、
テンポやリズムなどを変えることで、色々なフレーズを作ることができます。

このブロックを使った
あなたのオリジナルフレーズを考えてみてくださいね。

【よくある疑問】

Q:なぜ、同じKEY、スケールなのに色々なポジションがあるの?

A:ギターには、色々なポジションに同一音、またはオクターブ違いの音があるからです。

 [前回紹介したブロックの2弦5フレット]と[今回のブロックの3弦9フレット]
 この音は、全く同じ音になりますよね?

 このような同一の音が至るところにあるので、同じKEYの同じスケールでも
 様々なポジションが出来ることになります。

 全てのブロックを覚えることで、低フレット~高フレットまで
 ネック上を縦横無尽に弾きこなすことができます。

マイナーペンタトニック講座第3回へ 
スケール講座目次へ

スケール表一覧へ

覚えたスケールを使いこなそう!

せっかくスケールを覚えても、
それを使いこなせなければ意味がありません。

そこで、より実践でスケールを活用する方法をまとめた
スケール解体新書というファイルを用意しました。

ファイルのダウンロードは無料です。

また、ダウンロードされた方にはメルマガが配信されますが、
毎回動画レッスンをお届けしていきます。

不要な場合はいつでも配信解除できますし、
もちろんこれらも全て無料です。

今すぐ下のフォームを埋めて
スケール解体新書と動画レッスンをお楽しみください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら




関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. アドリブギター練習法

    アドリブに活かすコピー方法

    アドリブ練習にはたくさんの方法がありますが、 今回はアドリブ初心者でもすぐに実践に活かせる コピ…

ピックアップ講座

  1. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  2. カントリーブルースギター講座
    ロバート・ジョンソン ギタースタイルレッスン ロバートジョンソンのギタースタイルを徹底解説!…
  3. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
ページ上部へ戻る