マイナーペンタトニックの活用法

速攻でスケールを覚える方法や
スケールの構造をまとめた無料ファイルも用意しています。

こちらと合わせてご覧いただけると
より一層理解が深まるかと思います。

「基本スケール解体新書」無料ダウンロード

今回は前回紹介したブロック
さらに高フレットでのポジションを紹介します。

【Aマイナーペンタトニック】
=ルート(A) ●=スケール音
Aマイナーペンタトニック        Aマイナーペンタトニックスケール

このブロックも、何気によく使われるのですが、
「6弦~4弦」「3弦~1弦」と、
2つに分けた方が覚えやすい&使いやすいと思います。

まずはブロックの形をしっかりと把握し、
それから自分なりのフレーズを作ってみましょう。

余裕があれば、前回までにお話したブロックと繋げて弾くと、
さらに幅広いフレーズ作りができるはずです。

では、実際のこのポジションで作ったフレーズを見てみましょう。

【マイナーペンタトニックスケール 練習エクササイズ】
マイナーペンタトニックスケール

1小節目が6~4弦、2小節目が3~1弦と、繋がってるように見えて
実は分かれていたりします(汗)←一発で録ったフレーズですが。。

2小節目のパターンは、ロックなどで
ランフレーズとして使われるのをよく見かけます。
ランフレーズとは?

エリッククラプトンも、よくここを使って弾きますよね。

是非、色々なパターンを作ってみてください。

マイナーペンタトニック講座第5回へ 
スケール講座目次へ

スケール表一覧へ

覚えたスケールを使いこなそう!

せっかくスケールを覚えても、
それを使いこなせなければ意味がありません。

そこで、より実践でスケールを活用する方法をまとめた
スケール解体新書というファイルを用意しました。

ファイルのダウンロードは無料です。

また、ダウンロードされた方にはメルマガが配信されますが、
毎回動画レッスンをお届けしていきます。

不要な場合はいつでも配信解除できますし、
もちろんこれらも全て無料です。

今すぐ下のフォームを埋めて
スケール解体新書と動画レッスンをお楽しみください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら




関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. モノトニックベース

    【カントリーブルースギター】モノトニックベースの基本

    カントリーブルースでは定番の基本スタイル、 モノトニックベースを解説します。 オルタネイティ…

ピックアップ講座

  1. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
  2. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  3. カントリーブルースギター講座
    Crossroad Blues ロバートジョンソンの名曲、Crossroad Bluesの奏法…
ページ上部へ戻る