メジャーペンタトニックでアドリブ

速攻でスケールを覚える方法や
スケールの構造をまとめた無料ファイルも用意しています。

こちらと合わせてご覧いただけると
より一層理解が深まるかと思います。

「基本スケール解体新書」無料ダウンロード

ここでは、メジャーペンタトニックスケールを解説していきます。

メジャーペンタトニックスケールとは、メジャースケールから
4度と7度の音を抜いた、5音構成のスケールとなっています。

例)Aメジャーペンタトニックスケール=ABC#EF#

とりあえず小難しいことは抜きにして、
メジャーペンタトニックスケールのポジションを覚えていきましょう。

【Aメジャーペンタトニックスケール】
=ルート(A) ●=スケール音
メジャーペンタトニックスケール        メジャーペンタトニックスケール

どこかで見たことがあるポジションではないでしょうか?

そうです、実はF#マイナーペンタトニックと全く同じ形なんですね。

平行調というのがあるのですが、

メジャーペンタトニックスケールの短3度下に当たる
マイナーペンタトニックスケールは全く同じ形になるのです。

※短3度下=3フレット低いポジション

つまり、

Cメジャーペンタトニックスケール(6弦8Fルート)=Aマイナーペンタトニックスケール(6弦5Fルート)
Aメジャーペンタトニックスケール(6弦5Fルート)=F#マイナーペンタトニックスケール(6弦2Fルート)
Gメジャーペンタトニックスケール(6弦3Fルート)=Eマイナーペンタトニックスケール(6弦開放弦ルート)

このようになっています。

マイナーペンタトニックスケールとメジャーペンタトニックスケールのポジションは
同時に覚えられるということですね。

ただし、ルートの位置や音の役割は違いますので、
マイナーペンタトニックスケールのフレーズを
そのままメジャーペンタトニックスケールに置き換えると
変なフレーズになってしまうことが多いです。

形は同じでも、使い方、フレーズの作り方は違うということですね。

それでは、実際にフレーズを見てみましょう。

メジャーペンタトニックスケール

最初にAコードを鳴らして、
フレーズを弾いてみました。

3弦2フレットがルートなので、
そこで終わるとしっくり来る感じですね。

Amコードを鳴らして、
同じようなフレーズをAマイナーペンタトニックスケールで弾くと
また違いが比べられていいかと思います。

メジャーペンタトニックスケール講座2へ
スケール講座目次へ

スケール表一覧へ

覚えたスケールを使いこなそう!

せっかくスケールを覚えても、
それを使いこなせなければ意味がありません。

そこで、より実践でスケールを活用する方法をまとめた
スケール解体新書というファイルを用意しました。

ファイルのダウンロードは無料です。

また、ダウンロードされた方にはメルマガが配信されますが、
毎回動画レッスンをお届けしていきます。

不要な場合はいつでも配信解除できますし、
もちろんこれらも全て無料です。

今すぐ下のフォームを埋めて
スケール解体新書と動画レッスンをお楽しみください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら




関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. ギターレッスン オープンチューニング

    オープンDとGのコードフォームの違い

    今回は2大オープンチューニングのコードフォームの違いと 簡単な使いこなし方をご紹介します。 …

ピックアップ講座

  1. カントリーブルースギター講座
    ロバート・ジョンソン ギタースタイルレッスン ロバートジョンソンのギタースタイルを徹底解説!…
  2. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  3. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
ページ上部へ戻る