3種類のセブンス・コードの構成

セブンス・コード

「セブンス・コード」と聞けば、

「7th(セブンス)」「m7th(マイナー・セブンス)」「M7th(メジャー・セブンス)」

この3つを思い浮かべる人が多いと思います。

それぞれの構成音は何か?
何が違うのか?

ここでこの3つの違いをハッキリ認識しておきましょう。

図はそれぞれで「6弦ルート」「5弦ルート」「4弦ルート」のフォームになります。

図の青い●は注意する音です。
白い●は「押さえるけど鳴らない音」

ではそれぞれ見ていきましょう。

7th(セブンス)コード

構成音は「1・5・M3・m7」の4種類。

これは「メジャー・コード」の「1・M3・5」に
「m7」を加えると理解しておくといいでしょう。

7thコードは「不安定な響き」で

“いつもどこかのコード(トニックのコードの場合がほとんど)へ落ち着こうとする性格を持つ”

このように言われています。

響きの特徴は、ルート音に対して明るく聴こえるM3と、
5に対して暗く聴こえるm7が同居して
明るい雰囲気と暗い感じが微妙に混ざった感じになります。

上から3番目の「5弦ルート2」を見てみましょう。

例えば「Aのブルース」でA(トニック)→D(サブ・ドミナント)→E7(ドミナント)の進行で
「E7(ドミナント)」を弾く時には、このフォームを使うのが良いとされています。

“いつもどこかのコードへ落ち着こうとする性格を持つ”と言われるのは、
まさにこれです。

これを弾いてからA(トニック)へ戻れば「1コーラス終わった!」と言う感じが出るわけですね。

また、ブルースでは「トニック」→「サブ・ドミナント」→「ドミナント」の全てに
「セブンス・コード」を使う場合が多いですよね。

m7th(マイナー・セブンス)コード

ロックやフュージョン、ポップスにも絶対に欠かせない
「m7thコード」の構成音は「1・5・m3・m7」の4種類になります。

これは「マイナー・コード」の「1・m3・5」に
「m7」を加えたものと覚えると良いでしょう。

あるいは「セブンス・コード」の第3音「M3」を
半音下げて「m3」にしたもの、とも言えます。

M7th(メジャー・セブンス)コード

構成音は「1・5・M3・M7」の4種類。

「メジャー・セブンス・コード」は、「セブンス・コード」の構成音「1・5・M3・m7」の
「m7」を半音上げて「M7」にしたものになります。

このコードは「美しく繊細な響き」が特徴的で、
泥臭いブルースには合いませんが、
POPSだけじゃなくRockでも結構使われてるので覚えておきましょう。

「メジャー・キー」の曲で「トニック」にも「サブ・ドミナント」にも使えるし、
「マイナー・キー」の曲の中で使われる「メジャー・コード」の替わりに
「メジャー・セブンス・コード」を使っても面白いですよ。

音楽理論講座 目次

ギタースケール解体新書 無料ダウンロード

ポジションを簡単に覚えて、
実践的に使いこなす方法をまとめました。

この知識を覚えてしまえば、
理論がわからなくても
すぐにダイアトニックスケールを弾きこなせます。

さらに、100本以上のレッスン動画も受講できます。

全て完全無料ですので、
お気軽に下のフォームからご登録ください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら



関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. ブルースフレーズ分析

    ブルースフレーズ分析

    ブルースフレーズを解説してみました。 コピーしたブルースフレーズを このように分析できるよう…

ピックアップ講座

  1. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  2. カントリーブルースギター講座
    Crossroad Blues ロバートジョンソンの名曲、Crossroad Bluesの奏法…
  3. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
ページ上部へ戻る