サスフォーコードの構成

サスフォーコード
「sus」とは「suspended(サスペンデッド)」のことです。

このコードで有名なのは、Bostonの「More than a feeling」の
イントロのロー・コードのアルペジオの「Dsus4→D」と言うコード進行でしょうか?

他にも「sus4→メジャーコード」の進行を上手く使った曲は無数にあります。

そう、sus4コードは必ず「あるコードへ落ち着こうとする」んですね。

なので「Csus4→C」の様に「ペア」で使われています。

ただ、最近のロックでは単独でも使われる場合が多いようです。

一番上の図は、6弦のルート音で構成するsus4コード。

3弦の4をブルーで塗りましたが、
ここがM3だったらメジャーコードですね。

6弦のルート音で作る、sus4コード

6弦=1(1~6弦を人指し指で押さえる)
5弦=5(中指)
4弦=1(薬指)
3弦=4(小指)
2弦=5(1~6弦を人指し指で押さえる)
1弦=1(1~6弦を人指し指で押さえる)

そう、構成音は「1・4・5」の3音なのです。

メジャー・コードと組み合わせて弾いただけで
「曲っぽく」なってくれる特徴があります。

5弦のルート音で作る、sus4コード

6弦=弾きません!ミュートしてください。
5弦=1(1~5弦を人指し指で押さえる)
4弦=5(中指)
3弦=1(薬指)
2弦=4(小指)
1弦=5(1~5弦を人指し指で押さえる)

※2弦の「4」を鳴らさず「M3」を鳴らせば
メジャーコードの5弦ルートのポジション・フォームです。

小指をスライドさせ「4」と「M3」を鳴らし、
sus4コードとメジャーコードを交互に鳴らして遊んでみましょう。

2弦のルート音で作る、sus4コード

4弦開放の「D音」を絡める、ロー・コードの「Dsus4」を作るパターンです。

6弦~4弦はミュートし、3~1弦は「5」のあるフレットを
1~3弦まで押さえてしまう方法でも良いし、
ロー・コードの「Dsus4」の押え方と同じでもOKです。

音楽理論講座 目次

ギタースケール解体新書 無料ダウンロード

ポジションを簡単に覚えて、
実践的に使いこなす方法をまとめました。

この知識を覚えてしまえば、
理論がわからなくても
すぐにダイアトニックスケールを弾きこなせます。

さらに、100本以上のレッスン動画も受講できます。

全て完全無料ですので、
お気軽に下のフォームからご登録ください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら



関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. ブラインドボーイフラー

    【カントリーブルース】Mama Let Me Lay It On You

    カントリーブルースマン、ブラインドボーイフラーの Mama Let Me Lay It On Yo…

ピックアップ講座

  1. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
  2. ギター初心者講座
    ギター初心者 基本講座 ギターを始めたけどなかなか弾けるようにならない。 それならこの練習法…
  3. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
ページ上部へ戻る