レイナード・スキナードのThat Smellを弾いてみよう!

レイナード・スキナードのThat Smellの
ギター奏法を解説してみました。

「イントロ」「バッキング」

この2つを取り上げてみましたが、
シンプルでストレートなロックを楽しんでください。

それではどうぞ!

That Smell イントロ解説

レイナード・スキナード

KEYがAmということで、
出だしで一発Amコードを弾きます。

そこからロックらしい
Aマイナーペンタトニックのフレーズで組み立てられていますね。

シンプルにこの3つのブロックが使用されているので
フレーズと照らし合わせてみてください。

Aマイナーペンタトニックスケール

That Smell バッキング解説

レイナード・スキナード

F→Amと繰り返すコード進行になっています。

Ⅵ→ⅠmとKEY=Amのダイアトニックコードで、
どちらもトニックの役割を持つコードですね。

ダイアトニックコードとは?

Am一発でも似た雰囲気になりますが、
それに変化を付けているのだと思われます。

アレンジもとてもシンプルですが、
低音→高音→オカズという流れになっています。

これはコードが変わっても簡単に真似できますので、
アレンジなどの参考になりそうですね。

この曲全編の解説&タブ譜はこちら

トップページへ
名曲ギター奏法解説レッスン 目次へ

あなたもブルースセッションができるように!

スケールも理論も全く知らない・・・

そんな状態だった生徒さんが、
たった30日でライブハウスでブルースセッションデビューしました。

そのレッスンプログラムをさらに応用させ、
誰でも簡単に取り組めるように進化させました。

 ・カッコいいブルースバッキングをたくさん知りたい

 ・アドリブが弾けるようになりたい

 ・友達と気軽にセッションして遊びたい

 ・お店で知らない人とガンガンセッションしたい

そんなあなたにピッタリの内容になっています。

今すぐ下のボタンをクリックし、プログラムの詳細をチェック!

ブルースセッションマスターコース

関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. ギターレッスン While My Guitar Gently Weeps

    While My Guitar Gently Weeps ギターソロ解説

    今回はビートルズの While My Guitar Gently Weepsのギターソロパートを解…

ピックアップ講座

  1. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  2. ギター初心者講座
    ギター初心者 基本講座 ギターを始めたけどなかなか弾けるようにならない。 それならこの練習法…
  3. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
ページ上部へ戻る