ホールトーンスケールの構成

ホールトーンスケール
ホールトーンスケールは
「1・9・M3・b5・b6・m7」の6音構成です。

この構成からわかるように、ホールトーンスケールは
「全ての音が全音(1音)間隔」のスケールとなります。

ブルーの範囲は良く知られている「斜め上がり奏法?」ですが、ディミニッシュスケールのフォームにちょっと似ています。

3弦から2弦へ行く時に出来る段差は同じ感じですね。

このスケールの特徴は
「ポジションが基本的には1つしか存在しない」こと。

図はAのキーですが、
GでもFでも図と全く同じポジションになりますよね?

逆に「E」と「C」と「D」のキーの場合なら、
図のポジションを1フレットずらしたもので全て弾けるわけです。

この構成音「1・9・M3・b5・b6・m7」を見ると、
乱暴な言い方をすれば前半の「1・9・M3」が明るい感じで、後半の「b5・b6・m7」が暗い感じと言えるかもしれません。

つまり「メジャー感とマイナー感が混ざった不思議なスケール」とも言えます。

さて、このスケールはどんな場合に使えばいいのか?って話しですが、
雰囲気で言えば「不安な感じ」「不思議」「無気味」「トリッキー」な曲調。

こんな感じでしょうか。

対応するコードは「aug」や、
「M3とm7」が両方含まれていることから
「ドミナント・セブンス・コード系」のスケールの一種
とも言えます。

とにかく弾いて感じを掴んでみましょう。

まっとうなフレーズに飽きてしまった人は
今までとは違った雰囲気を作れるかもしれません。

このホールトーンスケールは、ジャズやフュージョンで多く使われますが、
最近ではロック系のギタリストにも使われています。

TAK MATSUMOTOの「GO FURTHER」が良い例でしょうか。

このスケールで弾いて遊んでみると
「行き先の見えない不安な感じ、とりとめの無い感じ」がするでしょう。

ですので、映画の「不安なシーン」のBGMで使われることも!

スケール講座 目次

覚えたスケールを使いこなそう!

せっかくスケールを覚えても、
それを使いこなせなければ意味がありません。

そこで、より実践でスケールを活用する方法をまとめた
スケール解体新書というファイルを用意しました。

ファイルのダウンロードは無料です。

また、ダウンロードされた方にはメルマガが配信されますが、
毎回動画レッスンをお届けしていきます。

不要な場合はいつでも配信解除できますし、
もちろんこれらも全て無料です。

今すぐ下のフォームを埋めて
スケール解体新書と動画レッスンをお楽しみください。

苗字
メールアドレス

スケール解体新書の詳細はこちら



関連記事

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. チョッピング

    チョッピングの弾き方

    今回はチョッピングについてお話ししてみました。 メルマガ読者さんから質問を頂いたのですが、 …

ピックアップ講座

  1. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  2. ギター初心者講座
    ギター初心者 基本講座 ギターを始めたけどなかなか弾けるようにならない。 それならこの練習法…
  3. カントリーブルースギター講座
    Crossroad Blues ロバートジョンソンの名曲、Crossroad Bluesの奏法…
ページ上部へ戻る