ギター用語集 は行

トップページへ
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行

ハーフトーン

ストラトタイプなどのギターで、ピックアップの
「センターとリアの間」「センターとフロントの間」を使用して出来た音。

煌びやかさがなく、くすんだ音が特徴的。

パームミュート

ブリッジミュートの同義語

ハーモニクススクウィール

トレモロアームを使い、弦の伸縮を利用して作るハーモニクス。

[iframe id=”http://www.youtube.com/embed/eYtKylebKR4″ align=”center” mode=”normal” autoplay=”no”]

ハイコード

ハイポジションで押さえるコードのこと。

ハイポジション

高い位置にあるフレットのこと。 高フレットと言うこともある。
(感覚的なものだが、大体5フレット以上上のポジション?)

バッキング

コード進行やリズムを刻む演奏のこと。

ハミングバード奏法

基本的にはトレモロ奏法と同じ。

エディヴァンヘイレンのように中指と親指でピックを持ち、
弦に対して垂直に当て、より軽やかなトレモロ奏法をすることをこのように呼ぶ。

速弾き

速く弾くこと。
「テンポいくつ以上から速弾き」などの基準はないので、自分が速いと感じればそれが速弾き。

バレー

複数弦の同一フレットを、1本の指で同時に押さえること

バレーコード

バレーを使って作られたコード。FやBのようなコードフォーム。

[iframe id=”http://www.youtube.com/embed/sM7UC2LuuVI” align=”center” mode=”normal” autoplay=”no”]

パワーコード

メジャーorマイナーを決定する3度の音を省略し、
1度&5度のみで構成されたコード。

※Aのパワーコード (構成音=A&E)
ギター用語 パワーコード

半音

音の高さの最小単位で、ギターでは1フレット分。
Cの半音上(6弦8フレット)⇒C#(6弦9フレット)

半音下げチューニング

レギュラーチューニングから、全ての弦を半音下げたチューニング。
「ハーフステップダウンチューニング」とも呼ばれる。
6弦⇒1弦の順に [E♭ A♭ D♭ G♭ B♭ E♭]

ハンマリング・オン

ピッキングせず、押弦の力のみで音を出す奏法。
通常、ハンマリングと言う(オンを略す)

[iframe id=”http://www.youtube.com/embed/92SNYPoqP1g” align=”center” mode=”normal” autoplay=”no”]

ピッキング

弦を弾いて音を出すこと。
ピックを使わずに弾くこともピッキングと呼ぶ。

ピック

弦を弾くための道具。
様々な種類があるが、好みのピックを使うのがベスト。

ピック ティアドロップ型ピック ジャズ型ピック おにぎり型ピック サムピック

ピックアップ

弦の振動を電気信号に変える、マイクのようなパーツ。

ピックアップ シングルコイルピックアップ ハムバッカーアクティブピックアップ

ピックアップセレクター

使用するピックアップを切り替えるパーツ。ギターパーツ ピックアップセレクター

ピックスクラッチ

ピックを低音弦に擦りつけ、効果音を出す奏法。

[iframe id=”http://www.youtube.com/embed/yqBqTqC9wLI” align=”center” mode=”normal” autoplay=”no”]

ピックタッピング

右手の指の代わりにピックを使って行うタッピング。

[iframe id=”http://www.youtube.com/embed/Deu0WKbsvrw” align=”center” mode=”normal” autoplay=”no”]

ビブラート

弦を揺らし、音に振動を与える奏法。

[iframe id=”http://www.youtube.com/embed/qHL3oGp75n4″ align=”center” mode=”normal” autoplay=”no”]

フィンガーピッキング

ピックの代わりに指を使って弾くこと。
ただし、サムピックを使う場合もフィンガーピッキングと呼ぶ。

フィンガリング

弦を押さえる指の動きのこと。運指の同義語

フォークギター

アコースティックギターの同義語。
また、アコースティックギターよりボディの小さいものを指すこともあるが、
その違いは曖昧。

フライングV

ギブソン社が開発した代表的なギターモデル。

甘くて太い音が特徴的で、アルバートキングやマイケルシェンカーなど、
ブルース系~ハードロック系まで、様々なギタリストに愛されている。

フライングV

ブラッシング

左手を弦に触れた状態(押さえない)にしたままピッキングして効果音を出す奏法。

[iframe id=”http://www.youtube.com/embed/EJ1iKPYV50g” align=”center” mode=”normal” autoplay=”no”]

フラメンコギター

ナイロン弦のギターで、フラメンコを演奏するのに適したギター。

クラシックギターと似ているが、使用する木材などが違い、
それに伴い音質も異なる。

フリジアンスケール

ダイアトニックスケールを3番目の音から並び直したスケール。
半全全全半全半の並びになっている。

ブリッジ

弦を固定し、振動を伝えるパーツ

ギターパーツ ブリッジ

ブリッジエンド

ブリッジと弦の接点のところ。

ブリッジミュート

ブリッジ付近に右手を乗せ、ミュートすること(ミュートしながら弾くこと)

[iframe id=”http://www.youtube.com/embed/hiHKyIawrDE” align=”center” mode=”normal” autoplay=”no”]

プリング・オフ

弦をはじくように離し、音を繋げる奏法。
通常、プリングと呼ぶ(オフは略す)

[iframe id=”http://www.youtube.com/embed/uDF1ZgfLJ2c” align=”center” mode=”normal” autoplay=”no”]

フルアコ

フルアコースティックギターの略。

通常のアコースティックギターのようにボディが空洞で、
尚且つピックアップが搭載されているギター。

フルアコースティックギター

ブルース進行

ブルースで一般的に使われる、12小節のコード進行のこと。

※KEY=Cの場合、Ⅰ7=C7 Ⅳ7=F7 Ⅴ7=G7
ブルース進行

フルピッキング

ハンマリングやプリング、スライドなどを使わず、
全ての音をピッキングして弾くこと。

プレーン弦

細い、芯線のみで出来ている弦。
エレキの場合は1~3弦、
アコースティックの場合は1~2弦に使われるのが一般的。

フレット

ネック上にはめ込まれている、音程を変えるための金属の帯。

ギター用語 フレット

ヘッド側から順に1フレット、2フレット、3フレット・・・・・と言い、
「1弦1フレットを押さえる」のように、押さえるポジションとして使われることもある。

フレットの真上を押さえると音が出ないので、
フレットから若干ネック寄りの場所を押さえるのが綺麗な音を出すポイント。

フロントピックアップ

一番ネック側についているピックアップ。

ギター用語 フロントピックアップ

分散和音

アルペジオのこと。

ペダル奏法

特定の音を基点として弾くこと。
例)ドレドミドファドソドラドシ ←この場合、ドが基点の音となっている

ベンディング

チョーキングの同義語。

ボスハンズタッピング

両手で行うタッピング奏法。
両手タッピングとも呼ばれている。

ボトルネック奏法(スライド奏法)

指にスライドバーをはめ、スライドバーを弦の上を滑らせて弾く奏法

ポルタメントチョーキング

ゆっくりとチョーキングすること。

ボルトオンネック

ネックとボディをボルトで留めて固定するタイプ

ボルトオンネック

1万人以上が購読中の無料メルマガ

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. ストレイキャッツ

    ストレイキャッツ – Stray Cat Strut

    ストレイキャッツのStray Cat Strutを解説してみました。 出だしからソロ部分までの…

おすすめ講座

  1. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
  2. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  3. カントリーブルースギター講座
    Crossroad Blues ロバートジョンソンの名曲、Crossroad Bluesの奏法…
ページ上部へ戻る