第3回目はメジャーペンタトニックのお話しです。

「マイナー覚えたばっかりなのに、また新しいスケールの登場かよ!」

こんな声が聞こえてきそうですが、
マイナーペンタトニックを覚えた今だからこそ、
一緒にメジャーも覚えてほしいんですね。

というのも・・・

※会員登録方法はこちらをご覧ください。
[hidepost=0]

メジャーもマイナーも
スケールの形自体は一緒だからです。

では、Aメジャーペンタトニックのポジションを見てみましょう。

Aメジャーペンタトニックスケール

Aマイナーペンタトニックと比べると、
押さえるポジションが変わるだけで、後は全く一緒です。

簡単に言うと、

「Aメジャーペンタトニック=F#マイナーペンタトニック」

こんな図式が成り立ちます。

しかし弾いてみるとわかりますが、形が同じなのにメジャーとマイナーでは
フレーズの雰囲気が全く違ってきます。

マイナーに比べ、
メジャーにはメロディアスな雰囲気があるんですね。

基本的には、

【KEYがメジャーの曲ではメジャースケール】
【KEYがマイナーの曲ではマイナースケール】

このように使い分けます。
(メチャクチャ大まかな説明ですが)

以下は、②のブロックを使ったAメジャーペンタトニックのフレーズです。

Aメジャーペンタトニックスケール

ブルースの場合、メジャーとマイナーを組み合わせて弾く場合が多いですが、
とりあえず今回はメジャーとマイナーを分けて、
1つずつ確実に弾けるように練習してみてください。

30日後にセッションデビューしてみませんか?
[/hidepost]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL

  • お気に入りに追加


  • サイト内検索

  • カテゴリ

最新の記事一覧

ページ上部に