この講座では、
楽器屋さんでも堂々と試奏できるような
フレーズの作り方をお話していきます。

今回はステップ1ということで、
まずは土台の部分を紹介します。

それではどうぞ!

※会員登録方法はこちらをご覧ください。
[hidepost=0]
E9でのカッティングパターン

カッティング

このように、カッティングを使うことで
簡単に音で埋め尽くされたバッキングパターンができます。

ステップ2では、このバッキングを元に単音を入れて
発展させてみようと思います。

すぐに使えるアドリブネタ50個の使い方を徹底解説、
さらにそれを試奏フレーズとして応用する方法はこちら
[/hidepost]

コメント一覧
  • ストロークのダウン・アップがどうなってるのか知りたいです。


    2011年2月20日 8:19 PM | bataille0729

  • >bataille0729さん

    コメントありがとうございます。

    ピッキングパターンですが、
    最初から最後まで16分のダウン&アップの繰り返しで、
    空ピッキングを使って弾いていますよ。

    ストロークの基本ですので、
    ぜひ練習してみてください。


    2011年2月21日 6:23 PM | 鈴木雄太

  • 1,2,3弦同フレットという表記、よく見かけるのですが、どうやって押さえるんでしょうか?

    人差し指で4弦、中指で5弦を押さえると、もう2本しか指がないので、ずっと謎に思ってました。TT


    2011年4月7日 5:13 PM | しう

  • >しうさん

    コメントありがとうございます。

    9thのフォームのことですよね?

    このフォームは1~3弦を薬指一本で押さえてしまいます。

    薬指の関節が上手く曲がらない場合は
    「薬指=2&3弦 小指=1弦」で押さえてもOKですよ!


    2011年4月8日 10:08 AM | 鈴木雄太

  • なるほど。ちょっと慣れないと…という感じですが、やってみます。
    ありがとうございます!


    2011年4月12日 2:49 PM | しう

  • >しうさん

    コメントありがとうございます。

    意外とよく使われるコードなので、
    頑張って身につけてくださいね!


    2011年4月17日 11:53 AM | 鈴木雄太

トラックバック一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL

  • お気に入りに追加


  • サイト内検索

  • カテゴリ

最新の記事一覧

ページ上部に