ここでは、ステップ2で紹介したパターンの別バージョンを
簡単な理論も交えながら紹介します。

それではどうぞ!

※会員登録方法はこちらをご覧ください。
[hidepost=0]
【E9でのカッティング+単音リフ Ver2】

カッティング+単音リフ

前回と同じようなポジションで、
もう少し単音部分を多くしてみました。

コードは前回と同じくE9ですが、
単音部分はEマイナーペンタトニックスケールを使っています。

マイナーペンタトニックスケール

青枠の音で作ってみたのですが、
この理由は単純に E9のポジションに近くて使いやすいからです(汗)

今回のフレーズのように、
ルート(5弦7フレット)で終わらせるとフレーズに区切りがつきますよ。

次回はさらに単音部分を発展させ、
違うブロックにも移動していきます。

すぐに使えるアドリブネタ50個の使い方を徹底解説、
さらにそれを試奏フレーズとして応用する方法はこちら
[/hidepost]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL

  • お気に入りに追加


  • サイト内検索

  • カテゴリ

最新の記事一覧

ページ上部に