【カントリーブルースレッスン】Saturday Night Rub

カントリーブルースマン、ビッグビルブルーンジーの
Saturday Night Rubの奏法解説です。

それでは早速ご覧ください!

軽快なインスト曲で、
オルタネィティングベース主体のスタイルになっています。

1コーラスはCフォームとGフォームが主体の
とてもベーシックなパターンになっています。

2コーラスはハイポジションのコードから始まり、
後半が単音ベースでのフレーズがメインですね。

3コーラスがフィンガリング的に一番大変で、
トップノート固定でウォーキングベースを刻みます。

結構大きなストレッチが入るので、
頑張って押さえてください。

さらに高音のリズムキープもあるので
気をつけてくださいね。

ということでカントリーブルースマン、
ビッグビルブルーンジーのSaturday Night Rubの奏法解説でした。

ギター一本で再現できますので、
ぜひコピーしてみてください。

カントリーブルース ギターレッスン一覧へ
ギター動画講座 一覧へ

あなたもカントリーブルースを弾いてみませんか?

今お聞きいただいた実演動画のような
カントリーブルースの独特なギタースタイル。

ステップバイステップの構成、
そして全て動画、タブ譜を使ったレッスンなので
初心者でも無理なく上達していけます。

全て完全無料で読めますので、
下のフォームからお気軽にご登録ください。

苗字
メールアドレス

無料メルマガの詳細はこちら





関連記事

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. ブルースバッキングレッスン

    【ブルースバッキング】ウォーキングベース

    ブルースバッキングの基本講座をお届けします。 第1回目は最もブルースで良く使われる 汎用性抜…

ピックアップ講座

  1. カントリーブルースギター講座
    ロバート・ジョンソン ギタースタイルレッスン ロバートジョンソンのギタースタイルを徹底解説! …
  2. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  3. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
ページ上部へ戻る