ローリング・ストーンズ – You Can’t Always Get What You Want

ローリング・ストーンズの
You Can’t Always Get What You Wantを解説してみました。

オープンチューニングならではの
綺麗なバッキングになっています。

ぜひコピーしてみてください。

クリックすると拡大表示されます↓
ローリング・ストーンズ

オープンEチューニングという
特殊なチューニングを使っています。

※オープンEチューニング=E/B/E/G#/B/E(6→1弦)

レギュラーチューニングから変更する場合は、

6弦=そのまま
5弦=1音上げ
4弦=1音上げ
3弦=半音上げ
2弦=そのまま
1弦=そのまま

このようにチューニングすればOKです。

オープンEチューニングは
1~6弦全ての開放弦を鳴らした時に
Eコードになるようなセッティングになります。

ですので、この曲でも開放弦が多用されており、
それが綺麗で独特なサウンドを作り出しています。

「オープン・チューニングって難しそう」

そう感じるかもしれませんが、
セッティングさえしてしまえば
レギュラーチューニングよりも簡単にコードが作れます。

思っている以上に敷居の低いチューニングですので、
この曲を通してオープンチューニングの楽しさを堪能してください。

レギュラーチューニングでのアレンジ解説はこちら

トップページへ
名曲ギター奏法解説レッスン 目次へ

メルマガでは、HPなどには公開していない
初心者向けレッスンを全て動画付で20本以上お届けしています。

これまで1万人以上の人が登録し、
多くの人がぐんぐんギターを上達させています。

全て完全無料で読めますので、
下のフォームからお気軽にご登録ください。

苗字
メールアドレス

無料メルマガの詳細はこちら





関連記事

ギタースタイル運営者について

ギタースタイル
HP運営者:鈴木雄太
プロフィール&HP運営方針

  1. ギターレッスン オープンチューニング

    オープンDとGのコードフォームの違い

    今回は2大オープンチューニングのコードフォームの違いと 簡単な使いこなし方をご紹介します。 …

ピックアップ講座

  1. ギターテクニック講座
    中級ギター講座 基本を応用させ、より実践的に使える知識やスキルを バッキング、アレンジ、ソロ…
  2. アドリブギター講座
    短期集中アドリブギター講座 アドリブギターに興味あるけど何か難しそうだし・・・ そうお感じで…
  3. 名曲ギター奏法解説レッスン
    「名曲をギターで弾いてみよう!」ということで、 ジャンル問わず様々な曲のギター奏法解説レッスンをお…
ページ上部へ戻る